1960年の西鉄ライオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1960年の西鉄ライオンズ
成績
パシフィック・リーグ3位
70勝60敗6分 勝率.538[1]
本拠地
都市 福岡県福岡市
球場
平和台野球場
1954 0602 Heiwadai Baseball stadium 1st night geme.jpg
球団組織
経営母体 西日本鉄道
監督 川崎徳次
« 1959
1961 »

1960年の西鉄ライオンズでは、1960年シーズンの西鉄ライオンズの動向をまとめる。

このシーズンの西鉄ライオンズは、川崎徳次監督の1年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 仰木彬
2 田辺義三
3 高倉照幸
4 豊田泰光
5 関口清治
6 田中久寿男
7 小淵泰輔
8 和田博実
9 稲尾和久
1960年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 大毎 -- 南海 -- 大毎 -- 大毎 -- 大毎 -- 大毎 --
2位 南海 1.0 大毎 3.5 南海 2.0 南海 2.5 南海 5.0 南海 4.0
3位 東映 2.0 東映 6.5 西鉄 13.0 阪急 7.0 阪急 11.0 西鉄 12.0
4位 阪急 2.0 西鉄 8.0 阪急 14.0 西鉄 14.5 西鉄 12.5 阪急 17.0
5位 近鉄 3.5 阪急 8.0 東映 17.0 東映 26.0 東映 30.5 東映 30.0
6位 西鉄 3.5 近鉄 10.0 近鉄 20.0 近鉄 29.0 近鉄 34.0 近鉄 39.0
1960年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 毎日大映オリオンズ 82 48 3 .631 -
2位 南海ホークス 78 52 6 .600 4.0
3位 西鉄ライオンズ 70 60 6 .538 12.0
4位 阪急ブレーブス 65 65 6 .500 17.0
5位 東映フライヤーズ 52 78 2 .400 30.0
6位 近鉄バファロー 43 87 1 .331 39.0

[1]

オールスターゲーム1960[編集]

ファン投票 監督推薦 補充選手
豊田泰光 関口清治
若生忠男
畑隆幸
  • 取り消し線は出場辞退した選手

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
仰木彬 二塁手 初受賞
豊田泰光 遊撃手 2年連続4度目

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 年度別成績 1960年 パシフィック・リーグ”. 2017年4月24日閲覧。
  2. ^ 西武ライオンズ公式HP 背番号の歴史”. 2017年4月24日閲覧。