河合保彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
河合 保彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岐阜県岐阜市
生年月日 1933年10月3日
没年月日 (1984-09-11) 1984年9月11日(50歳没)
身長
体重
177 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手 外野手
プロ入り 1952年
初出場 1952年
最終出場 1967年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

河合 保彦(かわい やすひこ、1933年10月3日 - 1984年9月11日)は、岐阜県出身の元プロ野球選手。右投右打。

経歴[編集]

岐阜高校では外野手、後に捕手として活躍。1年生時の1949年には、夏の甲子園にエース花井悠を擁し左翼手として出場。決勝に進出し佐々木信也のいた湘南高と対戦するが3-5で逆転負け、準優勝にとどまる[1]。他のチームメートに中堅手森和彦がいた。

1952年に岐阜高を卒業後、中日ドラゴンズ(当時の球団名は名古屋ドラゴンズ)に外野手として入団。入団後ほどなく再び捕手にコンバートされ、1年目から公式戦に出場。チーム名が「名古屋」から再び「中日」に戻った1954年には正捕手・野口明の控えでありながらも68試合に出場。杉下茂らとバッテリーを組みリーグ初優勝に貢献。同年の西鉄ライオンズとの日本シリーズでは3試合に先発マスクを被り12打数3安打を記録、チーム日本一に力を添えた。1955年には野口の監督就任に伴い正捕手に昇格し97試合に先発出場。しかし1957年からは吉沢岳男と併用され出場機会が減少する。

1959年に金銭トレードで西鉄ライオンズに移籍する。西鉄には和田博実がおり、この頃正捕手としての絶頂期だったために主に二番手の控え捕手として過ごす。しかし1961年には和田の故障もあって88試合に先発、翌1962年も和田と併用され、同年の最終戦では豊田泰光に代わり四番打者として起用される。1963年の西鉄最後の優勝にも貢献、日本シリーズにも2試合に出場し、最終第7戦では1安打1打点を記録。

1967年には後に捕手の二枚看板となる宮寺勝利村上公康が台頭し出場試合が減少、同年限りで現役を引退。東海テレビ東海ラジオ九州朝日放送野球解説者を務めるかたわら福岡市で旅館を経営した。1984年9月11日死去。享年50。

人物[編集]

  • 河合が死去した同時期、郷里及びドラゴンズの後輩でもある一字違いの河村保彦(但し、河村の中日入団年に河合が西鉄に移籍したため一緒にはプレーしていない)がフジテレビFNNニュースレポート6:00」(キャスター:逸見政孝。逸見・河村共々後継番組の「FNNスーパータイム」にも続投)のスポーツコーナーのキャスターを務めていたが、早合点した一部の視聴者が河村が急逝したと勘違いして河村に献花を送ったことがある(同様のエピソードについては桜京美の項目も参照)。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1952 名古屋
中日
6 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 0 3 0 .000 .000 .000 .000
1953 33 45 38 1 6 1 1 0 9 3 1 0 1 -- 6 -- 0 14 0 .158 .273 .237 .510
1954 68 192 164 21 40 9 2 6 71 29 2 4 8 1 18 -- 1 43 0 .244 .321 .433 .754
1955 113 323 291 21 56 11 1 5 84 34 5 3 11 2 16 0 3 74 4 .192 .240 .289 .529
1956 96 260 233 22 44 11 1 3 66 15 3 2 4 1 19 0 3 59 2 .189 .258 .283 .541
1957 79 149 123 16 26 9 0 2 41 11 1 0 7 0 18 0 1 38 1 .211 .317 .333 .650
1958 60 149 127 12 25 6 3 2 43 7 1 3 5 0 17 3 0 36 2 .197 .292 .339 .630
1959 西鉄 94 228 194 15 36 9 2 2 55 13 1 2 6 1 25 2 2 55 4 .186 .284 .284 .567
1960 67 180 158 20 40 4 2 7 69 17 0 1 3 0 15 1 4 32 5 .253 .333 .437 .770
1961 101 336 314 26 84 18 1 12 140 46 4 1 5 4 12 3 1 67 7 .268 .293 .446 .739
1962 93 261 232 27 54 4 2 7 83 25 4 2 2 2 20 3 5 67 4 .233 .305 .358 .663
1963 49 140 117 14 24 5 0 5 44 11 1 1 5 1 12 0 5 38 2 .205 .304 .376 .680
1964 68 170 143 11 22 3 0 1 28 8 3 1 6 1 17 1 3 41 4 .154 .256 .196 .452
1965 48 115 104 10 18 3 0 4 33 14 1 0 2 0 9 0 0 33 3 .173 .239 .317 .556
1966 70 150 134 9 29 4 0 2 39 7 1 1 6 0 9 1 1 37 2 .216 .271 .291 .562
1967 26 24 20 0 3 0 0 0 3 1 0 0 2 0 2 1 0 5 0 .150 .227 .150 .377
通算:16年 1071 2726 2396 225 507 97 15 58 808 241 28 21 73 13 215 15 29 642 40 .212 .283 .337 .620
  • 名古屋(名古屋ドラゴンズ)は、1954年に中日(中日ドラゴンズ)に球団名を変更

記録[編集]

節目の記録
  • 1000試合出場:1966年7月23日 ※史上111人目(古葉竹識と同日達成)
その他の記録

背番号[編集]

  • 34 (1952年)
  • 22 (1953年 - 1956年)
  • 6 (1957年 - 1958年)
  • 26 (1959年 - 1967年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]