小淵泰輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小淵 泰輔
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県大牟田市
生年月日 (1935-01-09) 1935年1月9日
没年月日 (2011-04-01) 2011年4月1日(76歳没)
身長
体重
177 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1957年
初出場 1957年
最終出場 1969年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • ヤクルトアトムズ
    ヤクルトスワローズ (1970 - 1980)

小淵 泰輔(こぶち たいすけ、1935年1月9日 - 2011年4月1日[1])は、福岡県大牟田市出身のプロ野球選手内野手)・コーチ

来歴・人物[編集]

三池工業高校を卒業。

1954年東洋高圧大牟田へ入社。

1955年の都市対抗では中心打者として準々決勝に進み、全鐘紡に惜敗したものの首位打者賞を獲得[2]

1956年の大会では濃人渉監督率いる日鉄二瀬に補強され3番打者として活躍し、打撃賞を得る。この時のチームメイトには古葉毅吉田勝豊江藤慎一がいた。同年の第2回世界野球大会に社会人野球日本代表として出場[2]

1957年西鉄ライオンズへ入団し、同年から一軍に定着。仰木彬の控えではあったが、主に二塁手として49試合に先発出場。同年の巨人との日本シリーズでは、11月1日の最終第5戦(後楽園)で大友工から初打席初安打を放つ。

1958年滝内弥瑞生と共に内野の準レギュラーとして起用され、リーグ3連覇に貢献。同年の巨人との日本シリーズでは、10月11日の第1戦(後楽園)に二塁手として先発出場するが、無安打が続く。同17日の第5戦(平和台)では7回から仰木に代わり守備につくが、巨人1点リードで迎えた9回裏、この回の先頭打者となった小淵の当たりは三塁線を際どく抜けるシリーズ初安打、小淵は二塁に達した。この打球を三塁手長嶋茂雄ファウルだと判断して捕らなかったが、塁審の二出川延明がこれをフェアと判定。水原茂監督と長嶋は猛抗議したが判定は覆らなかった。この二塁打でチームは同点に追いつき、10回裏の稲尾和久サヨナラホームランで勝利、奇跡の逆転日本一につながる。

1959年は開幕から二塁手として起用され、仰木との併用ながら81試合に先発出場。

1960年三塁手に回って城戸則文とレギュラーを争い、8月6日東映戦(平和台)でサイクルヒットを達成。

1961年大矢根博臣とのトレード中日ドラゴンズへ移籍するが、あまり活躍の場はなかった。

1964年には国鉄スワローズへ移籍。この年は好調を維持し星山晋徳に代わり一塁手に定着。右翼手としても起用されシーズン後半には豊田泰光徳武定之とともにクリーンアップを任される。初めて規定打席に到達しリーグ5位の打率.306を記録、15本塁打、48打点と、いずれもキャリアハイの成績を残した[3]

1965年も中軸として活躍したが、両リーグ最多の111三振を喫してしまう。

1969年に現役を引退。

引退後はヤクルトに残り、一軍打撃コーチ(1970年 - 1973年, 1975年)・二軍打撃コーチ補佐(1974年)・二軍コーチ(1976年 - 1980年)を務めた。コーチ退任後はヤクルト本社に勤務し、2011年4月1日に死去。満76歳没。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1957 西鉄 85 134 120 9 23 5 4 0 36 7 4 2 2 1 10 0 1 32 2 .192 .260 .300 .560
1958 78 153 137 25 37 8 3 1 54 19 9 2 1 1 12 0 2 28 3 .270 .338 .394 .732
1959 105 297 258 29 51 8 5 4 81 28 9 3 1 1 30 1 7 52 5 .198 .298 .314 .612
1960 103 270 242 30 54 5 4 7 88 34 12 2 0 4 23 0 1 48 8 .223 .293 .364 .657
1961 中日 55 125 112 12 22 5 0 4 39 12 1 2 4 0 8 0 1 27 4 .196 .256 .348 .604
1962 22 41 39 10 14 1 0 5 30 10 2 1 0 0 2 0 0 12 0 .359 .390 .769 1.159
1963 8 7 7 0 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .286 .286 .286 .571
1964 国鉄
サンケイ
アトムズ
127 436 399 52 122 14 3 15 187 48 12 9 8 1 23 0 5 81 13 .306 .351 .469 .820
1965 130 456 407 45 100 13 0 17 164 48 18 6 5 4 35 2 5 111 14 .246 .313 .403 .716
1966 90 228 208 26 57 9 2 10 100 27 5 3 3 1 15 0 1 48 5 .274 .326 .481 .807
1967 91 213 189 29 48 8 1 12 94 29 5 2 1 0 20 1 3 38 7 .254 .335 .497 .832
1968 91 174 152 16 33 4 2 3 50 18 2 2 3 0 18 0 1 34 3 .217 .304 .329 .633
1969 78 182 166 13 42 12 0 4 66 21 1 1 2 1 11 0 2 34 7 .253 .307 .398 .705
通算:13年 1063 2716 2436 296 605 92 24 82 991 302 80 35 30 14 207 4 29 545 71 .248 .315 .407 .722
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 国鉄(国鉄スワローズ)は、1965年途中にサンケイ(サンケイスワローズ)に、1969年にアトムズに球団名を変更

記録[編集]

節目の記録
  • 1000試合出場:1969年5月19日 ※史上138人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 1 (1957年 - 1960年)
  • 5 (1961年 - 1962年)
  • 41 (1963年)
  • 32 (1964年 - 1969年)
  • 53 (1970年)
  • 66 (1971年 - 1980年)

脚注[編集]

  1. ^ OB NEWS Vol.52 (PDF)”. 公益社団法人全国野球振興会(日本プロ野球OBクラブ) (2012年1月). 2015年7月5日閲覧。
  2. ^ a b 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  3. ^ 1960年代

関連項目[編集]