1950年の西鉄クリッパース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1950年の西鉄クリッパース
成績
パシフィック・リーグ5位
51勝67敗2分 勝率.432
本拠地
都市 福岡県春日市
球場
春日原球場
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 野中春三西亦次郎
経営母体 西日本鉄道
監督 宮崎要
1951 »

1950年の西鉄クリッパース(1950ねんのにしてつクリッパース)では、1950年シーズンの西鉄クリッパースの動向をまとめる。

この年の西鉄クリッパースは、チーム創立1年目のシーズンであり、宮崎要監督が1年だけ指揮を執ったシーズンである。前年に正力コミッショナーによるリーグ拡張構想が明るみに出ると、プロ野球参入を画策していた企業による加盟申請が相次ぎ、プロ野球再編問題へと発展した。戦前に一時的に球団(西鉄軍)を所有していた西日本鉄道はこの機にプロ野球参入を図り、「西鉄クリッパース」を結成。パシフィック・リーグに加盟した。チームは新加盟の近鉄、新球団に戦力を大量に引き抜かれた東急とともに苦戦し、シーズンを5位で終えた。そしてシーズンオフに、西日本パイレーツと合併し西鉄ライオンズとなり、この名称のチームは1年のみとなった。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 宮崎要
2 鬼頭政一
3 木暮力三
4 楠安夫
5 深見安博
6 笠石徳五郎
7 上野義秋
8 長谷川善三
9 木下勇
1950年パシフィック・リーグ順位変動
順位 3月終了時 4月終了時 5月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 10月終了時 最終成績
1位 毎日 -- 毎日 -- 毎日 -- 毎日 -- 毎日 -- 毎日 -- 毎日 -- 毎日 --
2位 南海 0.5 南海 2.0 南海 5.0 南海 9.5 南海 12.0 南海 13.0 南海 15.0 南海 15.0
3位 東急 2.5 大映 5.5 大映 13.5 大映 18.0 大映 18.5 大映 14.5 大映 17.5 大映 19.5
4位 近鉄 3.0 東急 7.5 東急 16.0 阪急 20.5 東急 21.0 東急 22.0 阪急 25.5 阪急 28.5
5位 西鉄 3.0 西鉄 西鉄 17.5 東急 21.0 西鉄 23.0 西鉄 26.5 東急 28.0 西鉄 31.5
6位 大映 3.5 近鉄 8.0 近鉄 17.5 近鉄 23.0 阪急 23.0 阪急 27.0 西鉄 29.5 東急 32.5
7位 阪急 5.0 阪急 11.5 阪急 18.0 西鉄 23.5 近鉄 28.5 近鉄 30.0 近鉄 35.0 近鉄 37.5
1950年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 毎日オリオンズ 81 34 5 .704 -
2位 南海ホークス 66 49 5 .574 15.0
3位 大映スターズ 62 54 4 .534 19.5
4位 阪急ブレーブス 54 64 2 .458 28.5
5位 西鉄クリッパース 51 67 2 .432 31.5
6位 東急フライヤーズ 51 69 0 .425 32.5
7位 近鉄パールス 44 72 4 .379 37.5

個人成績[編集]

主な投手成績[編集]

  • 色付き規定投球回(135イニング)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手















































W
H
I
P
 
/[[]]|

主な打撃成績[編集]

  • 色付き規定打席(打数300)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手











































O
P
S
 
/[[]]|

できごと[編集]

3月[編集]

  • 3月16日 - 西鉄対東急戦(大須球場)は21対14で西鉄が勝利し(球団初勝利)、1試合両チーム計35得点のNPB新記録[1]。なお大須球場では、この後毎日阪急戦が行われたが、13対9で阪急が勝利。第1試合計35得点、第2試合計22得点の合計57得点は、一日に一球場で上げた合計得点では最多記録。

4月[編集]

8月[編集]

入団・退団[編集]

シーズン開幕後[編集]

本節では、本シーズン開幕から本シーズン終了までの入退団について記述する。

入団[編集]

選手名 前所属 備考
内野手
16 今久留主淳 毎日オリオンズ 北川桂太郎とトレード
外野手
2 小田野柏 毎日オリオンズ 北川桂太郎とトレード

退団[編集]

選手名 去就
投手
北川桂太郎 今久留主淳小田野柏とトレードで毎日に移籍

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選出なし

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」562ページ
  2. ^ a b c 18 達成記録一覧セ・リーグ公式サイト
  3. ^ 日付は公示日。ベースボール・マガジン社刊「ライオンズ60年史―獅子の記憶ー「西鉄」から「埼玉西武」まで」116-117ページ
  4. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」722ページ