大須球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大須球場
(オオスキュウジョウ)
施設データ
所在地 愛知県名古屋市中区大須門前町 
開場 1947年12月
閉場

1952年

所有者 = 不明
管理・運用者 不明
グラウンド 内野:土
外野:土
照明 なし
使用チーム • 開催試合
中日ドラゴンズなど
収容能力
グラウンドデータ
球場規模 両翼:91.2m
中堅:109m

大須球場(おおすきゅうじょう)は、1947年から1952年にかけて愛知県名古屋市中区大須にあった野球場

概要[編集]

名古屋大空襲で焼失した本願寺名古屋別院(西別院)の再興と大須の発展のため、大須七ツ寺勤労協和会を中心に愛知県と名古屋市の協力も得て境内に開設[1]。センターからレフト、ライトは膨らみがなく一直線になっており、フェンスが低いため非常に本塁打が出やすい球場であった(『巨人軍5000勝の記憶』で千葉功は「いわば『校庭グラウンド』」と表現している)。プロ野球公式戦以外にもノンプロや高校、軟式の野球場として利用、女子プロ野球も行われた。オートレースやダンスパーティーなどにも使用されていた[2]。収容人員は1万人。球場主には大須七ツ寺勤労協和会会長の高島三治が就いた[1]

歴史[編集]

大須球場における各種記録[編集]

閉場後[編集]

スタンド等の施設はその後解体・撤去され、球場の敷地も事業主(個人)から浄土真宗本願寺派西本願寺)に返還された。球場跡地には、戦災で焼失した本願寺名古屋別院(西別院)が再建される。また同跡地に名古屋スポーツセンターが建設され、伊藤みどり安藤美姫中野友加里浅田舞真央姉妹ら、フィギュアスケートの有力選手を多数輩出する。

当球場の写真は中日新聞社ベースボール・マガジン社など、野球と関連する書籍事業団体にもほとんど残っていなかったが、2008年3月29日に大須に局舎を構えるテレビ愛知で放送(中京ローカル)された『幻の大須球場』[4]で、元事業主の遺族が所有する、球場を撮影した多くの白黒写真が提供され、番組内で紹介された。

施設概要[編集]

  • 両翼:91.2m
  • 内野:土、外野:土
  • 照明設備:なし

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「大須球場開設 一日から記念野球」『大須レトロ 名タイ昭和文庫2』名古屋タイムズ・アーカイブス委員会編、樹林舎、2010年、pp.110-111
  2. ^ 巨人軍5000勝の記憶読売新聞社ベースボールマガジン社、2007年。ISBN 9784583100296。p.18 -
  3. ^ 「消える大須球場 中京ファンには打撃」『大須レトロ 名タイ昭和文庫2』名古屋タイムズ・アーカイブス委員会編、樹林舎、2010年、p.115
  4. ^ 出演:スピードワゴン小沢一敬井戸田潤)、荒井千里(テレビ愛知アナウンサー)、足立秀夫大須演芸場席亭) 他 提供:大須ういろ ないろ

関連項目[編集]