名古屋スポーツセンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
名古屋スポーツセンター
Nagoya Sports Center
Nagoya Sports Center (Entrance).jpg
施設情報
愛称 大須スケート場、大須スケートリンク
用途 スケートリンク
収容人数 230席
管理運営 株式会社名古屋スポーツセンター
竣工 1984年12月
所在地 460-0018
愛知県名古屋市中区門前町1-60
位置 北緯35度9分26.76秒 東経136度53分56.31秒 / 北緯35.1574333度 東経136.8989750度 / 35.1574333; 136.8989750座標: 北緯35度9分26.76秒 東経136度53分56.31秒 / 北緯35.1574333度 東経136.8989750度 / 35.1574333; 136.8989750

名古屋スポーツセンター(なごやスポーツセンター)は、愛知県名古屋市中区にあるスポーツ施設。

概要[編集]

1953年昭和28年)9月に開業した。大須球場の跡地に鉄筋平屋で建設され、愛知県初の通年営業のスケートリンクとなった。周辺地域が大須と呼ばれている事と通年営業のスケートリンク(56m×26m)を擁する事から、地元では「大須スケート場」「大須スケートリンク」の別名で知られる。

1984年(昭和59年)に住宅・都市整備公団(現・都市再生機構)との共同事業で公団住宅を併設する現在の姿となった。開業から60周年となる2013年平成25年)には改修工事が行われ、7月13日にリニューアルオープンを迎えた[1]

一般向けのアイススケート場として利用されるだけでなく、ジュニアスクール(フィギュアスケートアイスホッケースピードスケート)も開設されており、フィギュアに関しては山田満知子門奈裕子など一流の指導者が揃っている事から、ここから伊藤みどり(世界選手権優勝)、恩田美栄(四大陸選手権2位)、安藤美姫(世界選手権優勝)、浅田真央(世界選手権優勝)、中野友加里(四大陸選手権2位)、村上佳菜子(四大陸選手権優勝)、宇野昌磨(平昌オリンピック2位)など世界的なフィギュアスケート選手を多数輩出している。

なお、大人向けの教室(アイスホッケー、スケートフォークダンス)の他に、クラシックバレエ社交ダンスなどの教室も開設されている。

所在地[編集]

アクセス[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 中日新聞:大須リンク全面改修中、7月13日再開愛知(CHUNICHI Web) 2013年6月22日

外部リンク[編集]