大須事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大須事件
大須事件(デモ側が子供を動員していたことがわかる)
大須事件(デモ側が子供を動員していたことがわかる)
場所 愛知県名古屋市中区大須
日付 1952年(昭和27年)7月7日
概要 アメリカ軍施設と中警察署に対する攻撃。
武器 火炎瓶
死亡者 1人(デモ隊)
負傷者 95人(警察官70人、消防士2人、一般人4人、デモ隊19人)
犯人 日本共産党名古屋市委員会、祖国防衛隊
防御者 名古屋市警察
対処 269人(その内、半数以上が在日朝鮮人)を検挙
テンプレートを表示
帆足・宮越両代議士を歓迎するデモ隊

大須事件(おおすじけん)とは、1952年(昭和27年)7月に愛知県名古屋市中区大須で発生した公安事件。警察部隊とデモ隊が激しく衝突した。

事件の発端[編集]

ソビエト連邦及び中華人民共和国を視察し、北京で「日中民間貿易協定」(当時の日本国政府の方針に反するものであり、正式な国家間の協定ではない)を結んで帰還した日本社会党帆足計改進党の宮越喜助の両代議士が帰国し[1]1952年7月6日日曜日)に名古屋駅に到着した。両代議士の歓迎のために約1000人の群集が駅前に集合、無届デモを敢行したが、名古屋市警察によって解散させられた。その際に12人が検挙されたが、その中の1人が所持していた文書から、翌日の歓迎集会に火炎瓶を多数持ち込んで、アメリカ軍施設や中警察署を襲撃する計画が発覚した。

事件の概要[編集]

1952年7月7日月曜日)当日、名古屋市警察は警備体制を強化し、全警察官を待機させた。午後2時頃から、会場の中区大須球場名古屋スポーツセンターの敷地にかつて存在した球場)に日本共産党員や在日朝鮮人を主体とする群衆が集まり始め、午後6時40分頃に歓迎集会が挙行された[1]

午後9時50分に集会が終わると、名古屋大学の学生がアジ演説を始め、その煽動によって約1000人がスクラムを組みながら球場正門を出て無届デモを始めた。警察の放送車が解散するよう何度も警告したが、デモ隊は放送車に向かって火炎瓶を投げ込み炎上させた。警察は暴徒を鎮圧すべく直ちに現場に直行したが、デモ隊は四方に分散して波状的に警察部隊に対して火炎瓶・投石竹槍プラカードで攻撃を行い、路上の一般の乗用車に放火するなど、大須地区は大混乱に陥った[1]。また、大須のデモ隊とは別に、アメリカ軍の駐車場に停めてあった乗用車を燃やしたり、中税務署に火炎瓶を投下する事件も発生している。

この事件で、警察官70人、消防士2人、一般人4人が負傷し、デモ隊側は1人が死亡、19人が負傷した。

名古屋市警察は捜査を開始、最終的に269人(その内、半数以上が在日朝鮮人)を検挙した。捜査の結果、この事件は共産党名古屋市委員会が計画し、朝鮮人の組織である祖国防衛隊とも連携しながら実行に移されたと認定した。

裁判[編集]

名古屋地方検察庁騒乱罪等を適用し、152人を起訴した[1]

1969年11月に名古屋地方裁判所が日本共産党の非合法活動を行う軍事委員らが軍事行動計画を立てていたと断定し、1975年3月に名古屋高等裁判所も日本共産党の事前計画と事件の結びつきを認め、デモ隊の共同意思により騒乱状態が始まったと認定した[1]

26年に及ぶ史上まれな長期裁判となり、日本共産党は署名180万・支援カンパ3億円といった大衆闘争を展開したが、1978年9月4日最高裁判所第二小法廷上告棄却し、有罪が確定した[2]

評価[編集]

ジャーナリストの新藤健一は、大須事件を「権力の犯罪の典型的なケース」との認識を示した[3]

参考文献[編集]

  • 『大須騒擾事件について』(法務研修所編 1954年)
  • 『名古屋市警察史』(名古屋市総務局調査課編 1960年)
  • 『愛知県警察史 第3巻』(愛知県警察史編集委員会編 1975年)
  • 『日本の中の三十八度線―民団・朝総連の歴史と現実―』(李瑜煥 1980年)
  • 『検証:大須事件の全貌―日本共産党史の偽造、検察の謀略、裁判経過』(宮地健一 2009年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 立花書房編『新 警備用語辞典』立花書房、2009年、47-48頁。
  2. ^ 大須事件”. コトバンク. 2017年12月1日閲覧。
  3. ^ 新藤健一 『映像のトリック』 株式会社講談社、1986年2月20日、204頁。ISBN 406148804X。「爆弾テロなどの公安事件は、歴史的にみても当局の〝意志〟が働く可能性は常にある。大須事件はそうした権力の犯罪の典型的なケースであった。」

関連項目[編集]