1950年の松竹ロビンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1950年の松竹ロビンス
成績
日本シリーズ敗退
2勝4敗(対毎日[1]
セントラル・リーグ優勝
98勝35敗4分 勝率.737[2]
本拠地
都市 京都府京都市
球場
衣笠球場
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 田村駒治郎
経営母体 田村駒
監督 小西得郎
« 1949
1951 »

1950年の松竹ロビンスでは、1950年シーズンの松竹ロビンスの動向をまとめる。

この年の松竹ロビンスは、2リーグ制1年目のシーズンであり、職業野球創設1年目の1936年から1938年まで監督を務めた小西得郎が、2度目の監督を1年だけ務めたシーズンである。

本塁打・打点の2冠に輝いた小鶴誠を筆頭に、岩本義行金山次郎水爆打線と呼ばれた強力打線を武器に98勝を挙げて優勝した。これは現在に至るまでのセントラル・リーグ記録である。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー[3]
1 木村勉
2 三村勲
3 小鶴誠
4 岩本義行
5 大岡虎雄
6 金山次郎
7 平野謙二
8 荒川昇治
9 小林恒夫
1950年セントラル・リーグ順位変動
順位 3月終了時 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 10月終了時 最終成績
1位 中日 -- 中日 -- 松竹 -- 松竹 -- 松竹 -- 松竹 -- 松竹 -- 松竹 -- 松竹 --
2位 松竹 1.0 松竹 0.0 中日 1.0 中日 5.0 中日 5.0 中日 7.5 中日 9.0 中日 8.5 中日 9.0
3位 巨人 2.0 巨人 2.5 巨人 8.0 巨人 6.5 巨人 11.5 巨人 10.5 巨人 10.5 巨人 14.0 巨人 17.5
4位 大洋 3.0 大阪 10.0 大阪 10.0 大阪 8.5 大阪 14.5 大洋 20.0 大阪 22.5 大阪 25.5 大阪 30.0
5位 大阪 5.5 大洋 10.0 大洋 12.0 大洋 11.5 大洋 15.0 大阪 22.5 大洋 24.0 大洋 27.0 大洋 31.0
6位 西日本 7.0 西日本 11.5 西日本 18.0 西日本 19.0 西日本 22.0 西日本 28.5 西日本 34.5 西日本 43.5 西日本 48.5
7位 広島 7.5 広島 18.0 広島 20.0 広島 20.0 広島 25.5 広島 36.5 広島 43.0 広島 49.5 国鉄 57.5
8位 国鉄 10.0 国鉄 20.0 国鉄 27.0 国鉄 29.5 国鉄 34.5 国鉄 42.5 国鉄 48.5 国鉄 54.0 広島 59.0
1950年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 松竹ロビンス 98 35 4 .737 -
2位 中日ドラゴンズ 89 44 4 .669 9.0
3位 読売ジャイアンツ 82 54 4 .603 17.5
4位 大阪タイガース 70 67 3 .511 30.0
5位 大洋ホエールズ 69 68 3 .503 31.0
6位 西日本パイレーツ 50 83 3 .376 48.5
7位 国鉄スワローズ 42 94 2 .309 57.5
8位 広島カープ 41 96 1 .299 59.0

日本シリーズ[編集]

1950年 日本ワールドシリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場 開始時刻 入場者数
11月22日(水) 第1戦 毎日オリオンズ 3-2 松竹ロビンス 明治神宮野球場 13時16分 23018人
11月23日(木) 第2戦 松竹ロビンス 1-5 毎日オリオンズ 後楽園球場 13時1分 35541人
11月24日(金) 移動日
11月25日(土) 第3戦 毎日オリオンズ 6-7 松竹ロビンス 甲子園球場 13時30分 19399人
11月26日(日) 第4戦 松竹ロビンス 5-3 毎日オリオンズ 阪急西宮球場 13時31分 35518人
11月27日(月) 第5戦 毎日オリオンズ 3-2 松竹ロビンス 中日球場 12時59分 12630人
11月28日(火) 第6戦 松竹ロビンス 7-8 毎日オリオンズ 大阪球場 13時29分 22035人
優勝:毎日オリオンズ(初優勝)

[1]

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
小鶴誠 最優秀選手 初受賞
本塁打王 51本 初受賞
打点王 161打点 初受賞
大島信雄 新人王
最優秀防御率 2.03 初受賞
最高勝率 .833 初受賞
金山次郎 盗塁王 74個 初受賞
真田重男 最多勝利 39勝 初受賞
沢村賞 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
真田重男 投手 2年ぶり2度目
荒川昇治 捕手 初受賞
小鶴誠 外野手 2年連続2度目
岩本義行 初受賞

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 1950年度日本シリーズ”. 2016年5月30日閲覧。
  2. ^ 年度別成績 1950年 セントラル・リーグ”. 2016年5月30日閲覧。
  3. ^ 『読売新聞』1950年3月11日付朝刊、8版、3面