1952年の西鉄ライオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1952年の西鉄ライオンズ
成績
パシフィック・リーグ3位
67勝52敗1分 勝率.563[1]
本拠地
都市 福岡県福岡市
球場
平和台野球場
球団組織
経営母体 西日本鉄道
監督 三原脩
« 1951
1953 »

1952年の西鉄ライオンズでは、1952年シーズンの西鉄ライオンズの動向をまとめる。

この年の西鉄ライオンズは、三原脩監督の2年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 今久留主淳
2 永利勇吉
3 関口清治
4 日比野武
5 深見安博
6 新留国良
7 中西太
8 千頭久米夫
9 川崎徳次
1952年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 予選終了時 最終成績
1位 毎日 -- 毎日 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 --
2位 大映 1.0 大映 3.0 大映 4.0 毎日 3.5 毎日 5.5 毎日 1.0
3位 南海 2.0 南海 4.0 毎日 4.5 西鉄 6.5 西鉄 9.0 西鉄 8.5
4位 東急 4.0 東急 6.5 西鉄 6.0 大映 8.0 大映 18.0 大映 21.0
5位 西鉄 5.0 阪急 8.5 阪急 9.0 阪急 8.5 阪急 21.0 予選敗退
6位 阪急 6.5 西鉄 9.5 東急 12.5 東急 13.0 東急 21.5
7位 近鉄 9.5 近鉄 17.5 近鉄 23.5 近鉄 27.5 近鉄 40.5

※各108試合の予選リーグ後、上位4チームでの決勝リーグ(4試合ずつの総当り)を行い、最終順位を決定

1952年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 南海ホークス 76 44 1 .663 -
2位 毎日オリオンズ 75 45 0 .625 1.0
3位 西鉄ライオンズ 67 52 1 .563 8.5
4位 大映スターズ 55 65 1 .4583 21.0
5位 阪急ブレーブス 49 58 1 .4579 20.5
6位 東急フライヤーズ 49 59 0 .454 21.0
7位 近鉄パールス 30 78 0 .278 40.0

*1-4位は予選リーグ(108試合)と決勝リーグ(12試合)の通算勝率、5位以下は予選リーグの勝率順で決定


オールスターゲーム1952[編集]

ファン投票 監督推薦
大下弘 川崎徳次

できごと[編集]

  • 4月19日 - 前年からゴタゴタしていた、東急フライヤーズの主砲・大下弘の西鉄へのトレードが発表。見返りとして既に2本本塁打を打った深見安博選手がトレードされたが、深見選手は東急でも23本打ち、計25本で本塁打王を受賞、史上唯一の「2球団またがっての本塁打王」。

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
中西太 新人王
野口正明 最多勝利 23勝 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
大下弘 外野手 4年連続5度目

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 年度別成績 1952年 パシフィック・リーグ”. 2017年4月24日閲覧。
  2. ^ 西武ライオンズ公式HP 背番号の歴史”. 2017年4月24日閲覧。