1976年の太平洋クラブライオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1976年の太平洋クラブライオンズ
成績
パシフィック・リーグ6位
年間成績:44勝76敗10分 勝率.367
後期6位:23勝40敗2分 勝率.365
前期6位:21勝36敗8分 勝率.368
本拠地
都市 福岡県福岡市
球場
平和台野球場
球団組織
オーナー 中村長芳
経営母体 福岡野球
監督 レオ・ドローチャー鬼頭政一
« 1975
1977 »

1976年の太平洋クラブライオンズでは、1976年シーズンの太平洋クラブライオンズの動向をまとめる。

この年の太平洋クラブライオンズは、当初、選手・監督の両方でワールドシリーズ制覇の経験があるレオ・ドローチャーが監督に就任することが発表されていたが、急病により来日せず、鬼頭政一が監督に就任したシーズンである。また、シーズン終了後、ライオンズの命名権が太平洋クラブからクラウンライターに移ったため、太平洋クラブライオンズとしての最後のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 基満男
2 アルー
3 大田卓司
4 土井正博
5 竹之内雅史
6 白仁天
7 山村善則
8 広瀬宰
9 楠城徹
投手 東尾修
1976年パシフィック・リーグ順位変動
前期
順位 4月終了時 5月終了時 前期最終
1位 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 ロッテ 2.5 ロッテ 2.0 南海 9.5
3位 南海 南海 4.0 ロッテ 10.0
4位 日本ハム 4.5 近鉄 8.0 日本ハム 13.0
5位 太平洋 4.5 日本ハム 8.0 近鉄 14.5
6位 近鉄 7.0 太平洋 11.0 太平洋 18.0
後期
順位 7月終了時 8月終了時 後期最終
1位 南海 -- 南海 -- 阪急 --
2位 ロッテ 1.0 ロッテ 1.5 南海 2.0
3位 日本ハム 1.5 阪急 2.5 ロッテ 3.5
4位 近鉄 4.0 近鉄 4.5 近鉄 7.0
5位 太平洋 4.0 日本ハム 6.0 日本ハム 11.5
6位 阪急 4.5 太平洋 6.5 太平洋 15.0
前期成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 42 21 2 .667 --
2位 南海ホークス 35 29 1 .547 7.5
3位 ロッテオリオンズ 29 28 8 .509 10.0
4位 日本ハムファイターズ 26 31 8 .456 13.0
5位 近鉄バファローズ 27 35 3 .435 14.5
6位 太平洋クラブライオンズ 21 36 8 .368 18.0
後期成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 37 24 4 .607 --
2位 南海ホークス 36 27 2 .571 2.0
3位 ロッテオリオンズ 34 28 3 .548 3.5
4位 近鉄バファローズ 30 31 4 .492 7.0
5位 日本ハムファイターズ 26 36 3 .419 11.5
6位 太平洋クラブライオンズ 23 40 2 .365 15.0
1976年パシフィック・リーグ年間成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 79 45 6 .637
2位 南海ホークス 71 56 3 .559
3位 ロッテオリオンズ 63 56 11 .529
4位 近鉄バファローズ 57 66 7 .463
5位 日本ハムファイターズ 52 67 11 .437
6位 太平洋クラブライオンズ 44 76 10 .367

*阪急が前後期完全優勝したため、プレーオフは行わずそのまま年間優勝

オールスターゲーム1976[編集]

コーチ ファン投票 監督推薦
滝内弥瑞生 大田卓司 東尾修
土井正博

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[1]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
吉岡悟 首位打者 .309 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
吉岡悟 二塁手 初受賞
大田卓司 指名打者 初受賞
ダイヤモンドグラブ賞
選出なし

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 立花義家 内野手 柳川商業高 入団
2位 徳山文宗 外野手 立命館大学 入団
3位 弓岡敬二郎 内野手 東洋大学附属姫路高 拒否・新日本製鐵広畑入社
4位 坂田松一 内野手 亜細亜大学 拒否・三協精機入社
5位 米沢馨 投手 三重・海星高 入団
6位 山村勝彦 外野手 大鉄高 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 西武ライオンズ公式HP 背番号の歴史”. 2017年4月22日閲覧。