畑隆幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
畑 隆幸
Inao Shimabara Hata 1956 Scan10008.JPG
稲尾和久(右)、島原幸雄(中)と(1956年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県日田市
生年月日 (1937-12-24) 1937年12月24日(80歳)
身長
体重
176 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1956年
初出場 1956年
最終出場 1964年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

畑 隆幸(はた たかゆき、1937年12月24日 - )は、大分県日田市出身のプロ野球選手投手)である。左投左打。

経歴[編集]

小倉高校では、2年時の1954年春から4回連続甲子園に出場。1954年春の選抜では決勝に進み、飯田長姫高の「小さな大投手」光沢毅と投げ合うが0-1で完封負け、準優勝にとどまる[1]。同年夏の選手権は1回戦で榎本喜八のいた早稲田実に敗退[2]。翌1955年春の選抜は2回戦(初戦)で坂崎一彦山本八郎らのいた浪華商に2-3と競り負ける[1]。浪華商はこの大会に優勝。同年夏の選手権も、2回戦(初戦)で新宮高前岡勤也に完封を喫した[2]。その後は高校日本代表として、前岡、坂崎らとハワイ遠征も経験した。

1956年西鉄ライオンズに入団。稲尾和久は同期で、高校時代は無名だった稲尾は契約金50万円・月給3万5000円で入団したのに対し、甲子園準優勝の実績を持つ畑は契約金800万円・月給15万円だった。入団時に南海ホークスとの二重契約問題が発生し、春季キャンプ参加禁止処分が下された。

1年目から貴重な左腕として先発陣の一角に入り、同年は防御率1.68の好成績で7勝を記録。その後も先発として起用されリーグ3連覇に貢献。1958年巨人との日本シリーズでは2試合にリリーフとして登板した。1959年には開幕直後に故障もあって先発を外れるが、翌1960年には復活し、11勝と自身初の二桁勝利。入団後の実績は稲尾に水を開けられつつも、二桁勝利を3回記録するなど西鉄黄金時代の一翼を担う。1963年の巨人との日本シリーズでも2試合に登板。1965年中日ドラゴンズへ移籍し、同年限りで引退した。

その後は焼き鳥屋を経て、とんかつ屋を経営している。

エッセイストの畑正憲は従兄にあたる。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1956 西鉄 20 17 5 4 0 7 4 -- -- .636 362 90.2 55 3 39 0 0 62 1 0 24 17 1.68 1.04
1957 30 16 2 0 0 2 4 -- -- .333 356 79.2 75 5 43 0 4 59 3 0 44 36 4.05 1.48
1958 24 14 3 0 1 6 2 -- -- .750 385 94.2 71 5 42 0 2 62 2 0 34 26 2.46 1.19
1959 8 5 0 0 0 1 1 -- -- .500 85 18.1 23 3 5 0 0 13 0 0 10 8 3.79 1.53
1960 51 32 9 1 0 11 15 -- -- .423 999 241.1 199 14 89 6 7 219 3 0 93 80 2.98 1.19
1961 49 32 4 2 0 13 11 -- -- .542 883 209.2 174 13 90 6 7 166 3 0 80 67 2.87 1.26
1962 9 5 0 0 0 0 0 -- -- ---- 97 20.1 27 4 5 0 0 16 1 0 15 15 6.43 1.57
1963 40 34 6 1 0 13 11 -- -- .542 831 196.0 183 18 80 1 7 114 4 0 77 64 2.94 1.34
1964 15 9 1 0 0 3 2 -- -- .600 234 51.1 62 7 26 0 0 20 1 0 31 28 4.94 1.71
通算:9年 246 164 30 8 1 56 50 -- -- .528 4229 1002.0 869 72 419 13 27 731 18 0 408 341 3.06 1.29

記録[編集]

背番号[編集]

  • 23 (1956年 - 1962年)
  • 18 (1963年 - 1964年)
  • 11 (1965年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ a b 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]