光沢毅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

光沢 毅(みつざわ たけし、1936年9月13日 - )は長野県出身の野球選手・監督、高校野球解説者。ブラインドゴルフ選手。

来歴・人物[編集]

1954年昭和29年)、身長157cmの短躯ながら、飯田長姫高の左腕エースとして第26回選抜高等学校野球大会に初出場。準々決勝で片田謙二須藤豊のいた高知商、準決勝で西園寺昭夫のいた熊本工を降し決勝に進出。小倉高畑隆幸と投げ合い1-0で完封勝利、優勝を飾る[1]。「小さな大投手」と讃えられた。

明治大学に進学。東京六大学野球リーグでも7勝を記録する。卒業後は三協精機で選手、監督として活躍。三協精機監督として1971年(昭和46年)、第42回都市対抗野球大会でベスト4、1974年(昭和49年)、第1回社会人野球日本選手権大会で優勝。またNHK高校野球解説者を長く務める。

1989年平成元年)、静岡県でゴルフコンペの帰りに交通事故に遭い失明。1995年(平成7年)頃からブラインドゴルフを始める。2000年(平成12年)、ブラインドゴルフジャパンオープンチャンピオンシップで総合優勝。世界選手権にもたびたび出場している。

現在は中学生硬式野球クラブである、リトルシニア関西連盟所属の摂津千里丘リトルシニアの会長を務め、少年育成に力を注いでいる。

著書[編集]

  • 『甲子園野球 練習と試合』成美堂出版、1976年

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目[編集]