城戸則文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
城戸 則文
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県北九州市
生年月日 (1939-03-05) 1939年3月5日(80歳)
身長
体重
182 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1957年
初出場 1957年6月13日
最終出場 1974年10月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

城戸 則文(きど のりふみ、1939年3月5日 - )は、福岡県出身の元プロ野球選手内野手)。

経歴[編集]

常磐高校から1957年西鉄ライオンズへ入団。大型内野手として期待され、1958年にはウェスタン・リーグの本塁打王を獲得。

入団して2年間はあまり一軍の試合に出られなかったが、1959年には中西太の故障もあって開幕から三塁手として起用される。中西が翌年に腱鞘炎を患い常時出場が困難になったこともあり、小淵泰輔を制して後継の三塁手に定着。1961年には初の規定打席(25位、打率.198)に達する。1963年読売ジャイアンツとの日本シリーズでも全7試合に三塁手、八番打者として先発出場、24打数9安打を記録し首位打者賞を獲得。1964年にはオールスターゲームに出場、同年は打率.284(10位)、12本塁打の好記録を残す。しかし1966年には船田和英遊撃手に入り、トニー・ロイが三塁手に回ったため、定位置を失う。

1967年サンケイアトムズへ金銭トレードで移籍、同年は三塁手として徳武定之と併用された。翌1968年には徳武が中日ドラゴンズに移籍するが、丸山完二が三塁手に転向したこともあり、主に遊撃手として起用される。その後も内野をどこでもこなすユーティリティプレイヤーとして長く活躍した。1974年に現役引退。

城戸といえば極端に死球の少ない選手として知られるが、これは1959年、近鉄バファロー黒田勉に死球を受け、深刻なダメージを受けた影響が大きい。バッティングフォームも極端なクローズドスタンスから身体を開きつつ打つ独特なもので、死球を避ける工夫でもあった。

引退後はヤクルトのスカウト、クラウンのコーチを経て、西武ではスカウト・コーチを歴任。1992年に退団して以後は専門学校の野球部監督や少年野球の指導に携わり、現在は沖データコンピュータ教育学院硬式野球部の総合コーチを務めている。

画家タレント城戸真亜子は姪に当たる。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1957 西鉄 12 19 19 1 4 0 0 0 4 0 0 1 0 0 0 0 0 6 0 .211 .211 .211 .421
1958 25 31 27 2 8 0 1 0 10 4 0 0 0 0 3 0 1 9 0 .296 .387 .370 .757
1959 117 364 339 35 87 13 9 2 124 25 6 5 1 1 22 0 1 84 6 .257 .304 .366 .670
1960 117 346 321 36 80 10 4 4 110 23 6 4 5 2 18 0 0 64 7 .249 .289 .343 .632
1961 132 443 409 40 81 7 3 5 109 33 7 1 6 1 26 4 1 95 8 .198 .248 .267 .514
1962 127 392 370 26 78 12 5 4 112 33 6 4 3 2 17 1 0 72 8 .211 .245 .303 .548
1963 134 343 313 24 82 7 2 8 117 30 8 6 8 3 19 0 0 53 10 .262 .304 .374 .678
1964 146 557 510 47 145 20 5 12 211 51 2 12 5 5 37 1 0 99 3 .284 .333 .414 .746
1965 132 462 412 36 101 13 1 11 149 38 7 1 10 2 37 8 1 75 9 .245 .309 .362 .671
1966 117 187 169 12 40 8 2 1 55 12 4 2 4 1 13 0 0 36 1 .237 .291 .325 .617
1967 サンケイ
アトムズ
ヤクルト
104 319 289 22 72 12 2 5 103 25 2 3 2 0 28 1 0 54 7 .249 .315 .356 .672
1968 128 406 377 43 97 19 5 6 144 41 9 1 7 0 22 4 0 65 13 .257 .298 .382 .680
1969 86 248 230 18 47 6 0 1 56 20 1 2 7 2 9 2 0 40 5 .204 .234 .243 .478
1970 84 190 178 9 29 2 1 1 36 9 0 1 7 0 5 0 0 34 1 .163 .186 .202 .388
1971 106 205 189 13 45 5 3 3 65 20 4 0 4 2 10 4 0 23 5 .238 .276 .344 .620
1972 71 117 105 6 22 4 0 3 35 14 0 0 2 2 8 0 0 18 3 .210 .265 .333 .599
1973 79 126 115 4 28 2 1 0 32 11 2 0 10 1 0 0 0 12 2 .243 .243 .278 .522
1974 49 123 110 7 19 4 0 0 23 4 1 1 2 1 10 3 0 17 2 .173 .242 .209 .451
通算:18年 1766 4878 4482 381 1065 144 44 66 1495 393 65 44 83 25 284 28 4 856 90 .238 .284 .334 .617
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • サンケイ(サンケイスワローズ)は、1969年にアトムズに、1970年にヤクルト(ヤクルトアトムズ)に球団名を変更

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 52 (1957年 - 1959年、1973年 - 1974年)
  • 9 (1960年 - 1972年)
  • 73 (1978年)
  • 65 (1979年 - 1980年)
  • 76 (1988年 - 1992年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]