中村長芳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中村 長芳(なかむら ながよし、1924年9月 - 2007年10月18日)は、日本政治家秘書プロ野球チーム経営者。山口県山口市出身。

人物[編集]

旧制山口中学校では安倍晋太郎と同級生であり、野球部で活動し一塁手としてプレー、甲子園を目指した。最終学歴は中央大学法学部卒業。同郷の岸信介内閣総理大臣の下で内閣総理大臣秘書官を務めた。

その傍らでプロ野球チームのオーナーとして約10年携わった。1969年、岸の盟友永田雅一大映社長)ロッテオリオンズオーナーの経営を手伝うように命じられロッテの副オーナーに就任した。1971年に大映がロッテに正式に経営権を委譲し中村がロッテ・オリオンズのオーナーに就任。

1972年西鉄ライオンズの新たなスポンサー探しを行うも見つからず、自らライオンズを買収した上でライオンズのオーナーに就任することを決断。野球協約の定める1人または1団体による複数球団の保有禁止条項に抵触するため、ロッテオリオンズ球団のオーナーを辞任し、中村の保有株を正式にロッテへ譲渡した上で、ライオンズの運営会社西鉄野球西日本鉄道から買い取り、西鉄野球改め福岡野球のオーナーに就任して経営にあたった。

資金力を高めるため太平洋クラブとの提携を取り付けて1973年から「太平洋クラブライオンズ」を、1977年からはクラウンガスライターをスポンサーとして「クラウンライターライオンズ」を運営。1978年堤義明率いる西武鉄道グループ国土計画(のちコクド、現プリンスホテル)への売却まで経営を続けた。

2007年10月18日午前1時30分、急性硬膜下血腫のため山口市内の病院で死去。83歳。

補足[編集]

  • 中村がライオンズを買収する前、ライオンズの新しい親会社に、ペプシコーラの日本での販売会社であるペプシコ日本法人と交渉をしたが、その直後に東映フライヤーズの身売り話が明らかになった(翌1973年2月に日拓ホームへ売却)ことから、ペプシ側が安定経営が見込めないとしてこれを撤回し、やむを得ず中村が球団を買収したとされる。
  • 西鉄から買収後、平和台球場の弁当の販売業者との関係を白紙にしたところ、西鉄時代、弁当販売の利権を持っていた業者の社長である福岡市議会議員が報復として暗躍した結果、福岡市平和台球場の使用不許可を球団に伝えた。中村は市議会でそれを取り消すように訴えた結果、使用許可は下りたものの市側から使用料の引き上げ(西鉄時代の9万8千円から再三値上げされ、最終的に120万円)という妨害行為を起こされる羽目となった[1]
  • 1978年に球団を国土計画に売却する前、福岡市議会及び一部の市民グループは、現状の中村の個人経営のままでは市民球団として成長しないと見越して、一度福岡野球株式会社を清算して新会社を市民中心で設立することも検討していたが、西武・国土グループへの譲渡と埼玉県へのフランチャイズ権移動により実現しなかった。
  • 1969年第32回衆議院議員総選挙で、岸の側近の1人である今松治郎の秘書だった森喜朗は自民党の公認を得られず、無所属新人として出馬する際、岸の応援を中村に懇願した。中村は森の要望を快諾した。森を応援するため、岸は多忙な合間を縫って石川県小松市に赴いた。岸の応援で勢いがついて、森は初当選を果たした。
  • 2004年、球界再編問題の際に雑誌の取材に応じ、台湾プロ野球との交流戦を行うべき、という持論を展開していた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 坂井保之 『「ニッポン・プロ野球」考』、海鳥社