星野好男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
星野好男
生誕 (1950-11-02) 1950年11月2日(67歳)
栃木県日光市
身長
体重
5 ft 10.81 in (1.80 m)
198.4 lb (90.0 kg; 14 st 2.4 lb)
ポジション センター
シュート 左利き
現役期間 1973年 – 1988年

星野 好男(ほしの よしお、1950年11月2日 - )は、栃木県日光市出身の元アイスホッケー選手である[1]。ポジションはCF。

来歴[編集]

日光高校(現・日光明峰高校)から明治大学に進み、全日本として世界選手権に出場。日本代表史上最年少の21歳で札幌オリンピックにも出場を果たす。

卒業後の1973年、国土計画に入社。カナダのブリティッシュ・コロンビア大学へアイスホッケー留学も経験。

1987年に史上初の日本リーグ通算450得点を達成。

全日本では主将も経験し、五輪3回、世界選手権14回出場を果たすなど日本を代表するフォワードとして活躍した。

1988年引退。日本リーグ通算得点185、アシスト266。得点王も2度獲得。

引退後の1988年から1991年までは全日本監督も務めた。

プロ野球・西武ライオンズのフロントに入り、1994年には広報部長に就任。

その後、球団代表補佐、代表を経て、2004年には堤義明に代わり2006年までオーナー代行兼社長を歴任した。

現在はプリンスホテル顧問。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]