後藤高志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ごとう たかし
後藤 高志
生誕 (1949-02-15) 1949年2月15日(68歳)
出身校 東京大学経済学部
職業 西武ホールディングス 代表取締役社長・西武鉄道取締役会長

後藤 高志(ごとう たかし、1949年(昭和24年)2月15日 - )は、日本実業家西武ホールディングス代表取締役社長、西武鉄道取締役会長、埼玉西武ライオンズ取締役オーナー。

来歴・人物[編集]

東京都出身。成蹊中学校・高等学校を経て東京大学経済学部卒業。大学時代はラグビー部に所属。第一勧業銀行入行。企画部副部長時代、総会屋利益供与事件に揺れる社内で「4人組」として改革の先頭に立つ[1]

みずほホールディングス執行役員常務・みずほフィナンシャルグループ常務執行役員みずほコーポレート銀行(現:みずほ銀行)取締役副頭取および株式会社みずほコーポレート(ベンチャーキャピタル)代表取締役社長(兼任)を経て、2005年5月24日メインバンクとしている西武グループを再建するため、西武鉄道社長に就任した[2]。就任時、会社の体質を改革するとし株主に「早期にいい形で」上場すると宣言。「峻別と集中」「企業価値の極大化」の2大コンセプトのもと経営改革を推進する[3]

2006年2月3日にグループ再編の一環として西武ホールディングスが新しく設立され、同社長に就任。同年3月27日に西武鉄道とプリンスホテルを西武ホールディングスの子会社化し、グループ再編を完了した。

2007年5月18日、西武ライオンズ・太田秀和代行が球団副社長に降格の際、取締役オーナーに就任する[4]。就任後、これまで球団が極力扱わなかった福岡県を本拠地とした前身球団(西鉄クリッパース〜西鉄ライオンズ〜太平洋クラブライオンズ〜クラウンライターライオンズ)時代の球団史の再評価、福岡時代の球団OBとの関係修復・顕彰や、球団名を埼玉西武ライオンズに改め、埼玉県を中心とした地域への密着に取り組むなど、方針転換に着手している。

2010年6月23日に西武鉄道の代表取締役社長から取締役会長となった。

脚注[編集]

  1. ^ “OB紹介”. 東京大学ラグビー部. http://www.turfc.com/staticpage/ob 2015年5月22日閲覧。 
  2. ^ “西武トップに後藤氏起用へ みずほコーポ副頭取”. 共同通信. (2005年1月12日). http://www.47news.jp/CN/200501/CN2005011201003299.html 2015年5月22日閲覧。 
  3. ^ “上場廃止から10年、“眠れる獅子”西武HDの大変貌【1】みずほから送り込まれた経営陣の「峻別と集中」の構造改革”. PRESIDENT Online. (2015年1月22日). http://president.jp/articles/-/14306 2015年5月22日閲覧。 
  4. ^ “太田代行、副社長に降格 西武が裏金問題で処分”. 共同通信. (2007年5月7日). http://www.47news.jp/CN/200705/CN2007050701000604.html 2015年5月22日閲覧。 

外部リンク[編集]