吉本博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉本 博 (宋 才博)
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
出身地 日本の旗 日本
山口県徳山市
生年月日 (1956-10-15) 1956年10月15日(62歳)
身長
体重
181 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手内野手外野手
プロ入り 1974年 ドラフト3位
初出場 NPB/1978年9月7日
KBO/1988年
最終出場 NPB/1987年6月18日
KBO/1991年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • OBベアーズ
    斗山ベアーズ (1992 - 2017)

吉本 博(よしもと ひろし、1956年10月15日 - )は、山口県徳山市出身の元プロ野球選手捕手内野手外野手)。

在日韓国人であり、本名および韓国プロ野球(KBO)での登録名は、宋 才博(ソン・ジェバク[1]송재박)。

経歴[編集]

南陽工業高等学校では大型捕手として注目を集め、1974年度NPBドラフト会議太平洋クラブライオンズより3位指名を受け入団。膝の故障で長く一軍に定着できなかったが、1980年には大石友好と正捕手の座を争い、同年は56試合に先発マスクを被る。翌年も大石と併用されるが、1982年には黒田正宏が移籍入団し出場機会が減少。

1983年開幕直前に清水宏悦と交換トレードで、横浜大洋ホエールズに移籍。ここでは代打、外野手一塁手として起用される。1984年には主に左翼手として15試合に先発出場。しかし1986年には出場機会が減少、1987年限りで退団。

1988年から1991年まで、本名の宋才博としてKBOのOBベアーズ1988年 - 1990年)と太平洋ドルフィンズ1991年)でプレーした。引退後は、1992年からOBの後身である斗山ベアーズでコーチ・二軍監督などを務めている。

現役時代は1980年前期に6本塁打を放ち(シーズン通算は8本塁打)「田淵二世」と称される[2]など、強打の捕手として期待されていた時期もあった。その一方守備力は低かった。特に肩が弱く、1981年には32連続盗塁阻止失敗のワースト記録を作った。

打撃コーチを務めていた2001年、斗山打線を立て直しプレーオフ・韓国シリーズ制覇に貢献した功績を評価され、KBOのプロ野球大賞における優秀コーチ賞へ選出された[3]。また、日本プロ野球(NPB)出身者としては、初の受賞者となった[3]

2018年より斗山の二軍コーディネイターとなり、コーチの職務からは退いた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]


















































O
P
S
1978 クラウン
西武
8 11 11 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1 .091 .091 .091 .182
1979 22 40 35 4 8 3 1 1 16 6 0 1 0 2 2 0 1 6 1 .229 .275 .457 .732
1980 76 207 192 24 51 11 0 8 86 22 1 1 3 1 11 0 0 34 5 .266 .304 .448 .752
1981 74 146 135 14 31 4 1 5 52 11 1 1 1 1 8 0 1 23 2 .230 .276 .385 .661
1982 4 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1983 大洋 14 13 12 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 1 1 .083 .154 .083 .237
1984 35 76 71 9 14 3 1 5 34 15 0 1 0 1 4 0 0 13 0 .197 .237 .479 .716
1985 31 51 49 4 11 3 0 2 20 3 0 0 0 0 2 0 0 9 0 .224 .255 .408 .663
1986 5 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1987 9 11 11 0 3 0 0 0 3 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .273 .273 .273 .545
1988 OB 90 308 261 42 81 13 2 13 137 51 3 2 0 3 36 1 8 30 2 .310 .406 .525 .931
1989 86 271 234 21 62 14 3 3 91 33 0 1 1 3 31 1 2 34 5 .265 .352 .389 .741
1990 41 130 108 9 24 4 0 0 28 6 1 0 3 2 16 1 1 22 0 .222 .323 .259 .582
1991 太平洋 30 55 51 1 10 1 0 0 11 5 1 0 1 0 3 1 0 14 0 .196 .241 .216 .456
NPB:10年 278 564 525 55 120 24 3 21 213 58 2 4 4 5 28 0 2 91 10 .229 .268 .406 .674
KBO:4年 247 764 654 73 177 32 5 16 267 95 5 3 5 8 86 4 11 100 7 .271 .361 .408 .769
  • クラウン(クラウンライターライオンズ)は、1979年に西武(西武ライオンズ)に球団名を変更
  • 表中の太平洋(1991年在籍)は、KBOの太平洋ドルフィンズ

表彰[編集]

KBO
  • プロ野球大賞 優秀コーチ賞:1回 (2001年)

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 49 (1975年 - 1980年)
  • 32 (1981年 - 1982年)
  • 41 (1983年)
  • 4 (1984年 - 1987年)

登録名[編集]

  • 吉本 博(よしもと ひろし、1975年 - 1987年)
  • 宋 才博(ソン・ジェバク、1988年 - 1991年、1992年 - 2017年)

脚注[編集]

  1. ^ 盛り上がる韓国のプロ野球 【韓国野球が熱い理由】 (2/3)
  2. ^ 『昭和56年度版プロ野球大百科』p253(1981年4月、勁文社
  3. ^ a b 『週刊ベースボール』2001年12月31日号P100掲載「韓国プロ野球リポート」

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]