長谷川一夫 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長谷川 一夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県大宮市(現:さいたま市
生年月日 (1945-01-03) 1945年1月3日
没年月日 (2013-04-24) 2013年4月24日(68歳没)
身長
体重
175 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手外野手内野手
プロ入り 1962年
初出場 1963年10月12日
最終出場 1981年9月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

長谷川 一夫(はせがわ かずお、1945年1月3日 - 2013年4月24日)は、埼玉県大宮市(現・さいたま市)出身の元プロ野球選手投手外野手内野手)。

経歴[編集]

大宮工業高校ではエースとして活躍し、3年次の1962年夏の甲子園県予選7月16日秩父高から1試合21奪三振を記録。これは2020年現在も埼玉県の高校野球最多記録として残る快投などで勝ち抜き、西関東大会では準決勝に進出するが、佐野嘉幸のいた甲府工に延長16回敗退で甲子園出場はならなかった。

卒業後の1963年大毎オリオンズへ入団。永田雅一オーナーが「大映の大スター・長谷川一夫と同姓同名」という理由で入団させたが、入団後は投手としては大成せず外野手に転向。1年目の1963年10月12日東映戦(東京)に押田令三の代打で初出場し、3年目の1965年5月8日南海戦(大阪)では西三雄の代打で初安打を放ち、翌9日の試合では龍隆行の代打でジョー・スタンカから初本塁打と初打点を記録。この時の試合は、1回裏に野村克也が、2回表に前田益穂がそれぞれ2ラン本塁打を放ち2-2で迎えた2回裏無死から、堀込基明が安打で出塁、二盗の後小池兼司が適時打で1点を勝ち越されると、南海打線が猛威をふるって追加点をあげ、7回表に代打長谷川がソロ本塁打を打つも焼け石に水で、4-9と打ち負けた[1]1969年は一軍出場がゼロに終わったが、1971年9月19日阪急戦(西宮)で三輪田勝利から6年ぶりの本塁打を放った。1972年には右翼手の定位置を獲得して規定打席には届かなかったものの、主に2番打者として初の100試合出場で打率.307の好記録を残し、前年まで9年間で2本の本塁打も自己最多の9本をマーク。1973年には生涯唯一のオールスターゲーム出場を果たし、7月21日の第1戦(神宮)は張本勲の守備固め、翌22日の第2戦(大阪)は代走・守備固めの後に打席に立つも二ゴロ、2日後の24日の第3戦(平和台)は加藤初の代打で左飛という結果であった。1974年5月12日の南海戦ダブルヘッダー第2試合(後楽園)でチームは第1試合を引き分けて臨んだが、1回裏ジョージ・アルトマンの適時打で先制したが、2回表に野村のソロ本塁打で追いつかれた[1]。しかし3回裏に長谷川が江本孟紀からソロ本塁打を放って勝ち越し、その後はロッテ先発木樽正明、南海先発江本の投げ合いとなって得点は動かなかったが、8回裏得津高宏がこの回から登板の2番手佐藤道郎から適時打で貴重な追加点をあげ、木樽が9回表も投げ切っての完投勝利で3-1と、2位太平洋と0.5ゲーム差ながら首位を守った[1]中日との日本シリーズでは6戦中3戦に出場し、10月16日の第1戦(中日)で5回にジム・ラフィーバーが四球出塁の後、池辺巌の代打で三沢淳から左前安打を放つ。翌17日の第2戦(中日)では6番・右翼手で先発するが、4回からは岩崎忠義に交代。3日後の20日の第3戦(後楽園)では6回に金田留広の代打で敬遠されて出塁した。1975年には一塁手指名打者も兼ねて88試合に先発出場し、リーグ最多の6三塁打を放って打率.291を記録。1976年は自己最多の108試合に出場するが、本塁打が両チーム合わせて7本飛び出す空中戦となった6月12日の日本ハム戦(後楽園)では高橋直樹は2ラン本塁打を放つ[2]。この時は2回裏ジム・ラフィーバーのソロ本塁打で先制すれば、3回表千藤三樹男のソロ本塁打で追いつかれる展開となったが、その裏一死から弘田澄男が二塁打で出塁後に長谷川が右翼席ギリギリへ飛び込む2ラン本塁打で勝ち越し、さらに有藤通世がソロ本塁打を放ってこの回3点をあげ、先発の高橋をKOした[2]。その後1点ずつ取り合ってロッテは先発水谷則博から6回途中で村田兆治へスイッチし、村田は8回表にウォルター・ウィリアムス、9回表には上垣内誠にそれぞれソロ本塁打を浴び1点差に迫られたが、最後踏ん張って5-4でなんとか逃げ切った[2]1977年にはクラウンライターライオンズに移籍。4月2日の日本ハムとの開幕戦(平和台)に西沢正次の代打で移籍後初出場し、新天地も準レギュラーとして活躍。同10日近鉄戦(藤井寺)でクリーンナップの5番を任される。移籍後初先発で井本隆から移籍後初安打を含む4打数2安打をマーク。同20日の近鉄戦(平和台)では太田幸司から移籍後初本塁打・初打点を記録。1978年7月11日の日本ハム戦(後楽園)の9回二死一・三塁の場面で、1試合だけ投手として出場したが、最初の打者であるジーン・ロックレアにサヨナラ安打を許した。球団が故郷である埼玉の所沢に移転した1979年には不振のトニー・ミューサーに代わり右翼手として起用され、シーズン後半はジム・タイロンにレギュラーを譲るが、規定打席未到達ながら自己最高の打率.362の好成績を残す。4月14日の日本ハム戦(西武)に初出場すると高橋から3打数2安打を放ち、打撃の好調さが目立ち出場機会も増えた。特に同28日の日本ハム戦(後楽園)でも高橋から4打数3安打を放った日を境に5月16日の日本ハム戦(西武)までは打撃が絶好調で、この間、1試合2安打以上放ったマルチ安打の試合が8試合もあり、42打数19安打、打率.452の固め打ちをした。その後も先発で起用されることはあったが、シーズン途中でタイロンが入団すると代打での起用が増える。それでもコンスタントに安打を放ち、8月30日の古巣・ロッテ戦(西武)、9月1日の阪急戦(福井)でいずれも途中出場ながら2試合連続で本塁打を放った。1980年9月17日の南海戦(平和台)で水谷茂雄から最後の本塁打、1981年9月29日の近鉄戦(日生)に田淵幸一の代打で最後の安打を放ち、翌30日の南海戦(大阪)に広橋公寿の代打で起用されたのが最後の出場となった。同年引退。

引退後は西武の東海地区担当スカウト(1982年 - 2006年)を務め、黒瀬春樹を担当。2013年4月24日死去[3]。享年68歳。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1963 大毎
東京
ロッテ
1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1964 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1965 30 44 41 5 11 2 1 1 18 3 1 0 0 0 2 0 1 11 0 .268 .318 .439 .757
1966 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1967 18 23 22 5 5 2 0 0 7 0 0 0 1 0 0 0 0 4 1 .227 .227 .318 .545
1968 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1970 60 45 44 3 10 3 1 0 15 4 2 0 0 0 1 1 0 8 1 .227 .244 .341 .585
1971 39 66 63 5 16 2 0 1 21 3 2 0 0 0 3 0 0 8 0 .254 .288 .333 .621
1972 100 311 296 39 91 13 0 9 131 33 9 2 2 2 10 0 1 24 6 .307 .332 .443 .775
1973 93 238 210 19 58 12 2 4 86 18 2 3 6 1 19 0 2 17 3 .276 .342 .410 .752
1974 50 118 97 5 15 2 0 2 23 8 1 5 4 1 16 0 0 12 1 .155 .274 .237 .511
1975 105 349 320 34 93 12 6 4 129 35 5 1 9 3 14 3 3 21 6 .291 .326 .403 .730
1976 108 354 329 28 85 9 3 5 115 33 3 2 8 2 15 1 0 26 3 .258 .291 .350 .640
1977 クラウン
西武
82 218 207 14 51 7 0 5 73 17 0 2 2 2 5 0 2 10 5 .246 .271 .353 .624
1978 81 139 129 6 30 6 0 1 39 15 0 0 1 2 7 1 0 20 1 .233 .272 .302 .574
1979 80 144 138 17 50 11 0 4 73 15 1 0 0 0 5 0 1 11 4 .362 .389 .529 .918
1980 58 106 99 8 25 5 0 3 39 13 0 0 0 0 7 0 0 16 3 .253 .302 .394 .696
1981 45 71 63 2 18 2 0 0 20 4 0 1 1 0 4 0 3 5 3 .286 .357 .317 .675
通算:18年 953 2230 2062 190 558 88 13 39 789 201 26 16 34 13 108 6 13 194 37 .271 .311 .383 .694
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 大毎(毎日大映オリオンズ)は、1964年に東京(東京オリオンズ)に、1969年にロッテ(ロッテオリオンズ)に球団名を変更
  • クラウン(クラウンライターライオンズ)は、1979年に西武(西武ライオンズ)に球団名を変更

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1978 クラウン 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 1 0.0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ----
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 1 0.0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ----

記録[編集]

背番号[編集]

  • 46 (1962年)
  • 49 (1963年 - 1971年)
  • 9 (1972年 - 1981年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c クラシックSTATS鑑賞 長谷川一夫、全本塁打一覧|本塁打大全
  2. ^ a b c クラシックSTATS鑑賞 長谷川一夫、チーム別&投手別&球場別本塁打数|本塁打大全
  3. ^ 長谷川一夫さんが死去 元プロ野球大毎、クラウン選手 朝日新聞 2013年5月9日

関連項目[編集]