基満男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
基 満男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県(後の神戸市東灘区
生年月日 (1946-11-10) 1946年11月10日(70歳)
身長
体重
172 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手三塁手遊撃手
プロ入り 1966年 ドラフト外
初出場 1967年4月15日
最終出場 1984年10月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

基 満男(もとい みつお、1946年11月10日 - )は、兵庫県武庫郡(後の神戸市東灘区)出身の元プロ野球選手内野手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

少年時代はサッカーをやり、中学3年時に野球を始め、報徳学園高校では1年から二塁手のレギュラーとなる。1964年第36回選抜高等学校野球大会に出場[1]。同期に水沼四郎がいる。高校時代に父親を亡くしている。

高校卒業後は、駒澤大学に進学するが、大学1年の8月に学費が払えなくなり中退。

地元・神戸市に戻るも大企業の野球部は年度途中採用をしておらず、篠崎倉庫に入社し1年半勤める。その間に報徳時代の先輩が、同じく報徳の先輩だった西鉄ライオンズスカウトの深見安博へ紹介し、1966年秋に香椎球場で打撃、平和台球場で守備のテストを受け合格[1]1966年ドラフト外で西鉄に入団した。

プロ入り後[編集]

1年目となる1967年からレギュラーに定着した。入団したての頃は技術修得のために、自ら授業料を払い教えを請うという、かなりの努力家であった。

1970年黒い霧事件で嫌疑がかかり、5月に入り球団は疑惑の選手に対し出場を見合わせた。コミッショナー委員会は基について、八百長の依頼を断った事、八百長の報酬を渡されるも拒否したことが認められ、既に球団から出場停止となっていたことを考慮され出場停止処分とはならず「戒告処分」にとどまった。

1972年には打率.301、20本塁打、盗塁25と活躍、ベストナインを受賞、パシフィック・リーグを代表する二塁手となった。

1977年開幕前に、中日へのトレードが内定し、基は早々に了承していたが、トレード相手の藤波行雄任意引退も辞さぬ移籍拒否をしたため破談となった[2]

西武ライオンズの誕生により所沢移転が決まった1978年オフ、鵜沢達雄根本隆との交換トレードで大洋に移籍。セ・リーグの大洋へ移籍すれば巨人戦の中継があり、福岡のファンに自分の姿を見てもらえることが、その理由であった[1]

1980年に監督の別当薫から振り子打法の助言を受けた。打席に立ちバットの先でホームベースの3点を軽く叩き、バットを持ち上げた後、ゆするようにバットを立て左足を軽く上げてから、体の反動でボールを上から叩く打法を身につけた[1]

二塁手のレギュラーとなり、移籍2年目の1980年には自己最高の打率.314を記録、ダイヤモンドグラブベストナインに輝いた。両リーグでのベストナイン受賞は当時としては史上5人目だった。

1984年に一軍コーチ補佐兼任となり、同シーズン限りで現役引退した。

引退後[編集]

1985年から1986年まで大洋の二軍打撃コーチ、1987年から1988年までは日本ハムの二軍外野守備・打撃コーチを務めた。

その後はRKB毎日放送テレビ神奈川TVQ九州放送解説者西日本スポーツ評論家などを歴任している。

選手としての特徴・人物[編集]

基には独自の技術として「ウッドペッカー」がある。西鉄のジム・バーマがしていた、グラブにボールを入れて右拳で叩いて上げるという遊びを真似していたものを、大洋時代に実践したものである。これは二塁手として二遊間のゴロをバックハンドでさばいた時に二塁ベース上の遊撃手に向かって出すバックトスなのだが、グラブそのものを動かすのではなく(グラブの先にひっかかることがある)、グラブを二塁ベースに向けて軽く開口し、拳状にした右手でボールの入ったグラブのポケット部分を裏からトンカチのように叩き、ふわっとしたちょうど良い加減のトスを出すというものである[1]

太平洋・クラウンで同僚だった真弓明信は「基さんには、守備から打撃から野球を教わったよ。特にダブルプレーは鍛えられた。基さんはとにかくトスが速い。ショートにとって、トスが速いのは本当に助かるんやね。捕ってからベースを踏んでもいいし、すでにベースに入っているときにはランナーもいないし。速いに越したことないから」と語っている[3]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1967 西鉄
太平洋
クラウン
124 347 311 32 70 11 4 3 98 16 10 10 13 1 17 0 5 63 4 .225 .275 .315 .591
1968 132 548 469 63 110 13 3 12 165 35 21 9 26 3 46 1 4 82 5 .235 .307 .352 .658
1969 127 543 478 65 141 34 3 10 211 41 10 7 14 1 43 0 7 65 11 .295 .361 .441 .802
1970 111 469 393 59 100 15 0 21 178 43 15 9 16 0 57 1 3 62 8 .254 .353 .453 .806
1971 128 540 467 59 129 19 1 14 192 43 21 5 10 5 55 0 3 69 3 .276 .353 .411 .764
1972 128 538 459 64 138 18 3 20 222 43 25 10 4 3 70 6 2 51 8 .301 .393 .484 .877
1973 102 424 359 51 105 12 2 18 175 59 9 3 1 5 54 3 5 52 6 .292 .388 .487 .875
1974 114 451 391 50 95 10 1 12 143 37 9 4 9 2 43 1 6 57 9 .243 .326 .366 .692
1975 126 522 447 51 126 13 1 7 162 27 12 5 27 1 44 1 3 46 9 .282 .349 .362 .712
1976 72 266 226 27 53 4 0 5 72 12 5 4 6 1 32 1 1 28 4 .235 .331 .319 .649
1977 119 494 422 48 111 13 5 11 167 39 22 16 11 3 57 1 1 74 7 .263 .350 .396 .746
1978 98 291 253 30 77 13 0 6 108 33 17 6 9 2 23 1 4 27 5 .304 .369 .427 .796
1979 大洋 112 444 373 64 110 22 2 15 181 65 16 3 9 3 55 2 4 84 7 .295 .389 .485 .874
1980 119 475 407 51 128 24 1 12 190 70 18 12 7 5 53 2 3 64 9 .314 .393 .467 .860
1981 93 360 321 25 76 13 0 1 92 16 4 3 7 0 27 0 5 32 7 .237 .306 .287 .593
1982 105 417 372 41 100 19 1 18 175 63 2 0 4 1 36 4 4 53 10 .269 .339 .470 .809
1983 58 131 114 11 35 4 0 2 45 12 1 2 1 3 13 1 0 9 5 .307 .369 .395 .764
1984 46 95 87 5 30 3 0 2 39 18 0 0 1 1 6 1 0 7 3 .345 .383 .448 .831
通算:18年 1914 7355 6349 796 1734 260 27 189 2615 672 217 108 175 40 731 26 60 925 120 .273 .352 .412 .764
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 西鉄(西鉄ライオンズ)は、1973年に太平洋(太平洋クラブライオンズ)に、1977年にクラウン(クラウンライターライオンズ)に球団名を変更

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
その他の記録
  • プロ野球通算3万号本塁打:1973年5月20日 対近鉄バファローズ前期9回戦(平和台球場)、7回裏に井本隆から左中間へ2ラン
  • 1試合4二塁打:1979年5月9日、対阪神タイガース4回戦(横浜スタジアム
  • オールスターゲーム選出:6回 (1968年、1971年 - 1973年、1977年、1980年)

背番号[編集]

  • 78 (1967年)
  • 4 (1968年 - 1978年)
  • 5 (1979年 - 1984年)
  • 90 (1985年 - 1986年)
  • 77 (1987年 - 1988年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]