梅田邦三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
梅田 邦三
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府京都市右京区
生年月日 (1947-02-01) 1947年2月1日(71歳)
身長
体重
176 cm
65 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
プロ入り 1968年 ドラフト9位
初出場 1970年4月15日
最終出場 1980年10月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

梅田 邦三(うめだ くにぞう、1947年2月1日 - )は、京都府京都市出身の元プロ野球選手内野手)。

来歴・人物[編集]

京都商業高校では、1963年、2年生の時に夏の甲子園二塁手、一番打者として出場した。1回戦で松商学園に2-3で惜敗[1]。翌年の夏は、京滋大会府予選準々決勝まで進出するが東山高に敗退した。高校卒業後、ノンプロの日本新薬に入社。1967年1968年都市対抗野球大会で活躍した。

1968年にドラフト9位指名で、読売ジャイアンツへ入団。しかし出番にあまり恵まれず、1971年広野功浜村孝両内野手との交換トレードで、高橋明田中章両投手と共に西鉄ライオンズへ移籍した[2]

ここでは船田和英菊川昭二郎の控え遊撃手として起用されたが、1973年にはレギュラーを奪取、初の規定打席にも到達(26位、打率.247)した。その後も1975年まで定位置を守るが、打撃面で低迷が続く。

同年オフ、坪井新三郎広瀬宰両内野手との交換トレードで中日ドラゴンズへ移籍。中日では同タイプの正岡真二が正遊撃手だったこともあり、次第に出場機会が減っていった。1978年4月8日の読売ジャイアンツ戦では、クロスプレーの際に二塁手土井正三に激怒し、土井に蹴りを入れて退場処分となった。1980年にはシーズン途中で金銭トレードにて日本ハムファイターズへ移籍し、この年暮れに引退した。引退後は、故郷・京都市に戻り、同市南区でスポーツ用品店を経営している[3]

1973年5月20日近鉄バファローズ戦で打った本塁打がプロ通算30000号本塁打として話題となったが、1976年に29999号へ訂正された[3]。また守備が非常に上手く、1973年には当時のパ・リーグ新記録となる守備率.988を記録したが[3]、所属していた太平洋クラブは当時人気も低く地味だったためダイヤモンドグラブ賞に選ばれることは一度も無かった。ライオンズ時代は大阪球場南海応援団から「梅田が難波でウロウロすな!」とヤジられていた。(南海時代からのファンである森脇健児が面白いヤジの1つとしてネタにする。)

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1970 巨人 10 1 1 1 0 0 0 0 0 0 2 1 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1971 西鉄
太平洋
77 108 90 11 14 4 0 0 18 3 11 1 7 0 8 0 3 10 1 .156 .248 .200 .448
1972 51 53 45 11 10 1 0 0 11 2 6 2 2 0 4 0 2 5 1 .222 .314 .244 .558
1973 118 421 348 51 86 9 3 2 107 18 33 6 26 2 33 0 12 43 6 .247 .332 .307 .639
1974 121 392 344 33 75 5 2 1 87 21 18 8 11 1 32 1 4 52 6 .218 .291 .253 .544
1975 110 251 209 13 35 3 1 0 40 8 5 6 20 0 20 0 2 23 0 .167 .247 .191 .438
1976 中日 101 146 130 8 29 7 1 0 38 13 2 1 3 1 4 0 8 16 1 .223 .287 .292 .579
1977 39 50 43 7 10 0 0 0 10 4 2 0 2 0 3 1 2 7 2 .233 .313 .233 .545
1978 62 60 49 9 14 1 0 0 15 1 2 1 2 0 8 0 1 6 1 .286 .397 .306 .703
1979 43 27 23 1 5 0 0 0 5 1 1 1 3 0 1 0 0 2 0 .217 .250 .217 .467
1980 11 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
日本ハム 17 8 6 1 1 0 0 0 1 0 1 0 2 0 0 0 0 1 0 .167 .167 .167 .333
'80計 28 10 8 1 1 0 0 0 1 0 1 0 2 0 0 0 0 2 0 .125 .125 .125 .250
通算:11年 760 1519 1290 146 279 30 7 3 332 71 83 27 78 4 113 2 34 167 18 .216 .296 .257 .553
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 西鉄(西鉄ライオンズ)は、1973年に太平洋(太平洋クラブライオンズ)に球団名を変更

記録[編集]

背番号[編集]

  • 54 (1969年)
  • 35 (1970年)
  • 23 (1971年 - 1975年)
  • 24 (1976年 - 1980年途中)
  • 32 (1980年途中 - 同年終了)

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 『別冊週刊ベースボール早春号 プロ野球 新・トレード史』 ベースボール・マガジン社、1998年2月28日
  3. ^ a b c スポニチ Sponichi Annex. “【5月20日】1973年(昭48) 梅田邦三、5年目の初本塁打 プロ通算3万号!? - 日めくりプロ野球09年5月”. 2011年2月19日閲覧。[リンク切れ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]