三宅昇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
三宅 昇
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県
生年月日 1946年5月5日
没年月日 1996年
身長
体重
181 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1970年 ドラフト9位
初出場 1971年
最終出場 1971年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

三宅 昇(みやけ のぼる、1946年5月5日 - 1996年)は、兵庫県出身の元プロ野球選手。ポジションは外野手

来歴・人物[編集]

報徳学園では、1964年右翼手として春の選抜に出場。1回戦は北角富士雄のいた東邦高に9回裏サヨナラ勝ち。しかし2回戦で、この大会に優勝した徳島海南高尾崎将司に完封を喫した[1]。同年夏の甲子園県予選は、準決勝で育英高鈴木啓示に抑えられ惜敗。高校同期に基満男水沼四郎、1年下に控え投手の谷村智博がいた。

水沼とともに中央大学へ進学。東都大学リーグでは、1965年秋季リーグでベストナイン(外野手)に選出される。1967年春季リーグではエース宮本幸信の好投もあり優勝、同年の全日本大学野球選手権大会でも、決勝で藤原真を擁する慶大を破り初優勝を飾る。大学卒業後は西濃運輸へ入社し、1969年から都市対抗に2年連続出場[2]

1970年ドラフト会議阪急ブレーブスから9位指名を受け入団。ベース1周14秒3の俊足であったが、阪急の層の厚い外野陣には割って入れず、あまり出場機会のないまま1973年限りで引退した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1971 阪急 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:1年 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000

背番号[編集]

  • 5 (1971年 - 1972年)
  • 44 (1973年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目[編集]