根本隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
根本 隆
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県銚子市
生年月日 (1954-06-14) 1954年6月14日(65歳)
身長
体重
175 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1974年 ドラフト1位
初出場 1975年6月7日
最終出場 1984年6月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

根本 隆(ねもと たかし、1954年6月14日 - )は、千葉県銚子市出身の元プロ野球選手(投手)。大洋ホエールズ西武ライオンズに所属した。引退後は西武の打撃投手、スコアラーを務める。

来歴・人物[編集]

銚子商では1971年、2年の時にエースとして夏の甲子園に出場。1回戦で竹内広明投手を擁する深谷商、2回戦で鶴崎茂樹投手を擁する 筑紫工を、いずれも延長10回サヨナラ勝ちで降し準々決勝に進むが、郡山高に9回サヨナラ負け[1]。この大会の県予選準決勝(東関東大会県代表決定戦)では、勝浦高を相手にノーヒットノーランを記録。

1972年春の選抜でも準決勝に進出するが、日大三高待井昇、小曽根修治(電電関東)両投手の継投に抑えられ敗退[2]。この大会では準々決勝の市神港高との対戦で大会第5号本塁打を放つ。同年夏の東関東大会決勝では掛布雅之のいた習志野高に敗れ、甲子園出場を逸する。同校卒業後は日本石油に入社し主戦投手を務める。1973年1974年の都市対抗に連続出場。

1974年のドラフト1位で大洋に入団する。2年目の1976年には先発の一角を任されるが3勝に終わり、期待通りの活躍はできなかった。その後は主に中継ぎで起用される。1978年オフに基満男との交換トレードで、鵜沢達雄と共に西武に移籍。1984年限りで現役引退。引退後は西武の打撃投手、スコアラーを務めている。

オーバースローの本格派で速球と鋭いカーブ、スローカーブ、スライダー、シュートを武器とし、少しコントロールに難はあるがそれを補う球威があった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1975 大洋 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 21 4.2 4 0 2 0 1 3 0 0 2 2 3.60 1.29
1976 34 17 2 0 0 3 7 1 -- .300 506 116.0 110 14 69 6 4 69 4 0 57 51 3.96 1.54
1977 21 4 0 0 0 2 2 0 -- .500 217 47.2 52 8 28 2 1 29 2 0 38 35 6.56 1.68
1978 18 5 1 0 0 1 2 0 -- .333 156 33.0 41 5 19 0 2 19 0 0 29 28 7.64 1.82
1979 西武 8 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 65 13.1 18 2 7 0 0 4 2 0 15 11 7.62 1.88
1980 9 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 60 13.2 16 5 6 0 0 9 0 0 11 10 6.43 1.61
1981 9 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 69 16.2 14 2 8 0 0 8 0 0 5 5 2.65 1.32
1982 5 0 0 0 0 0 1 1 -- .000 32 6.2 5 0 7 2 0 6 0 0 3 3 3.86 1.80
1983 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 21 4.2 4 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0.00 1.71
1984 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 16 4.1 5 1 1 0 0 1 0 0 4 2 4.15 1.38
通算:10年 113 28 3 0 0 7 14 2 -- .333 1163 260.2 269 37 151 10 8 148 8 0 164 147 5.08 1.61

記録[編集]

背番号[編集]

  • 20 (1975年 - 1978年)
  • 26 (1979年 - 1981年)
  • 35 (1982年 - 1984年)
  • 96 (1985年 - 1991年)
  • 03 (1992年 - 1997年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目[編集]