荒木雅博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
荒木 雅博
中日ドラゴンズ #2
CD-Masahiro-Araki.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県菊池郡菊陽町
生年月日 1977年9月13日(39歳)
身長
体重
180 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手遊撃手外野手
プロ入り 1995年 ドラフト1位
初出場 1997年5月31日
年俸 7,040万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
五輪 2008年

荒木 雅博(あらき まさひろ、1977年9月13日 - )は、中日ドラゴンズに所属するプロ野球選手内野手外野手)。

2008年から中日選手会長、2009年には日本プロ野球選手会副会長に就任。

かつて守備コンビを組んだ井端弘和との同僚時には「アライバ」の愛称で親しまれた。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

熊本工業時代は2度春のセンバツに出場。3年生時の夏は県大会準決勝で敗退した。[2]1995年のドラフト会議で、福留孝介原俊介を抽選で外した中日ドラゴンズから1位指名(外れ外れ1位)を受け入団した[3]

プロ入り後[編集]

当初は2軍暮らし、1軍に昇格しても代走守備固めで起用される時期が続いた。俊足を生かすべく、1998年から2000年にはスイッチヒッターに挑戦していた[4]

2001年は課題だった打撃が急成長し、夏場からは1番打者に定着。規定打席には届かなかったものの、3割を大きく超える打率を残して一躍期待の若手として注目される。

2002年からは一年間を通してレギュラーとして出場し続け、2年続けて規定打席に到達した。

2004年落合博満監督就任の下、リードオフマンとして39盗塁、日本プロ野球記録となる9度の1試合4安打以上[5]を記録し、守備でも井端弘和との二遊間が落合監督から「井端との二遊間コンビは12球団一、二塁手単独ならメジャーの超トップクラス」と高く評され[6]、自身初のタイトルとなるベストナインゴールデングラブ賞を受賞する活躍を見せた。

2005年もリードオフマンとして活躍し、自己最多となる42盗塁を記録した。

2006年は怪我の影響もあり出場試合数は減ったものの、初となる打率3割を記録した。

2007年は不振で二軍落ちも経験した。盗塁王を獲得したものの打撃不振が響き、減俸となった。

2008年はさらに打撃が低迷、出塁率も3割に届かないなど不振が続いた。同年6月21日の試合で、史上250人目となる1000本安打(1075試合目)を達成。この間毎年ゴールデングラブ賞を受賞し続けており、守備面は変わらず安定していた。2008年には選手会長に就任した。

2009年シーズンより、井端の二塁手コンバートにあわせて荒木は遊撃手を務める予定であったが、井端の調整が目の不調により遅れたことに加え、荒木自身も開幕直前に足を痛めたことで見送られた[7]。 シーズン前半は1番打者とされていたが打撃の調子が上がらず、すぐに2番に変えられた。2番に起用されてからは徐々に復調し持ち前の粘り強いバッティングが戻ってきた。打率.270に対して、得点圏打率は.343と、チャンスの場面での勝負強さを見せ付けた。福地寿樹と盗塁王を争っていたが、左手首を痛めて試合を欠場したこともあり、タイトル獲得はならなかった。同年限りで選手会長を退任し、森野将彦に譲った。

2010年は、再び井端と共にコンバートに挑戦。開幕前に左前脚を負傷し、1999年以来11年ぶりに開幕一軍から外れた。4月5日に復帰し、遊撃手へのコンバートが実現した。シーズンは復帰後の全試合で1番打者としてスタメン出場した。打撃はフォーム変更が効いたのか夏場から調子を上げ、打率.294でシーズンを終えた。守備では20失策を記録し、盗塁数も20にとどまり、7年連続のゴールデングラブ賞の受賞と30盗塁の達成はできなかった。

2011年はシーズン中盤に欠場する試合があったものの一年通して1番打者として活躍。打率.263はチーム内の規定打席到達者では最高だった。300盗塁を達成したものの、全体では盗塁数は18と前年をさらに下回った。

2012年、二塁手に再コンバートされた。これに伴い井端もショートに戻った。シーズン途中から1番を大島洋平に譲り、2番に固定された。7月10日の阪神戦で左太もも裏を痛めて途中交代、検査の結果肉離れが判明し登録を抹消された。オールスターゲームに監督選抜で選ばれた。

2013年はシーズンを通して不調に終わり、スタメンから外される試合も多くレギュラー獲得以来では最低の成績に終わる。また、12年ぶりに規定打席に到達しなかった。

2014年は交流戦で死球による骨折で約1ヶ月半の戦線離脱があったものの、主に2番打者として出場し2年ぶりに規定打席に到達した。9月16日には史上17人目、球団では高木守道に次いで史上2人目となる通算350盗塁を達成した[8]

2015年はソフトバンクから移籍してきた亀澤恭平と併用される形になり、出場機会が減少。15年ぶりに100試合出場と二桁盗塁に到達しなかった。

2016年は8月6日の対横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)で盗塁を成功し、高木守道が記録していた369盗塁を抜く球団新記録の370盗塁を達成した。

選手としての特徴[編集]

井端弘和と守備で二遊間、打順では1・2番を組んでいたことから、井端と共に「アライバ」と呼ばれた[9]。井端と共に2004年から2009年まで6年連続でゴールデングラブ賞を受賞した二塁守備の評価が高く、遊撃手から再コンバートされた2012年はトンネルやファンブルといった失策も目立ったが[10]、この年はそれでも守備イニング1000以上の二塁手で両リーグ3位のUZR6.8を記録[11]。上述のように落合博満からも高く評された鉄壁の守備でセンターラインを固め、右翼方向へのゴロ打球の守備に不安が残る一塁手のカバー役も担う。一方で肩を痛めた影響もあり、スローイングには若干不安定な面もある[12]。プロ入り当初は外野手として起用されることが多かった。

走塁面では一塁到達まで速くても4.0秒と盗塁王経験者としてはずば抜けて速いわけではないが[13]、牽制さえなければ盗塁をほぼ成功することができる優れた盗塁技術を持ち[14]、初めて30盗塁を達成した2004年から2009年まで6年連続30盗塁を記録している。走塁技術にも長け、足でプレッシャーをかける存在としてはリーグ屈指と評される[15]。なお牽制球に対してヘッドスライディングで帰塁することが多く、それが肩を痛めた原因であるという指摘がある[16]

打撃面では右打者として入団したが、入団3年目の1998年からはスイッチヒッターに挑戦した。2001年に再び右打ちに戻したが、チーム登録としては2003年までの6年間は両打ちとして登録していた[17]

人物[編集]

踊る大捜査線のファンで、DVDを全て所有している[18]。踊るシリーズに出演している柳葉敏郎との親交が深く[18]、2010年7月3日の試合で始球式を務めた柳葉にビジターの1番打者だった荒木が打席に立った。

2012年の開幕戦より、柳葉が1980年代に所属していたユニット一世風靡セピア前略、道の上よりに打席登場曲を変更したが、その理由を「柳葉さんが野球好きで、応援してくださっているので」[19]と語っている。

ニックネームの「トラ」は虎ではなく、元タレントの荒木定虎が由来で、新人の時に同部屋になった井上一樹矢野輝弘が名付けた。[20]

シーズンオフも講演会やトークショーに頻繁に参加しファンサービスにも努めている。『サンデードラゴンズ』の企画でキャンプに取材に来ていた小倉優子からは「副業」呼ばわりされていた。

トークショーなどでは自らを評して「ストイック(禁欲的)で練習好き」と言う。

アライバコンビと呼ばれる井端とは仲も良く、井端が「(荒木の)全部が好きだ」と答えれば喜色満面の笑みで「僕も(井端さんが)好きです」と返したが「ただ僕より先に結婚したのが悔しい」と井端に言われ、苦笑いした。

2011年まで監督であった落合博満を尊敬しており、「監督に無理だと言われれば、いつでもユニフォームを脱ぐつもりだった」と発言している。

その落合は「(荒木は)繊細でキレやすい。ボールの球をストライクと言われると、その日はもう全部打てない」と評している。[21]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1997 中日 63 74 67 9 12 2 0 0 14 2 12 4 5 0 1 1 1 16 1 .179 .203 .209 .412
1998 7 1 1 2 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1999 16 4 4 4 1 0 0 0 1 0 1 3 0 0 0 0 0 1 0 .250 .250 .250 .500
2000 40 12 10 11 2 0 0 0 2 3 3 0 0 2 0 0 0 4 0 .200 .167 .200 .367
2001 111 304 272 53 92 12 1 4 118 23 13 9 10 1 20 0 1 48 3 .338 .384 .434 .818
2002 131 445 406 43 105 7 1 2 120 18 16 4 25 2 9 0 3 59 8 .259 .279 .296 .574
2003 133 472 417 42 99 13 5 3 131 41 16 8 24 3 25 6 3 68 6 .237 .283 .314 .598
2004 138 640 602 93 176 23 1 3 210 44 39 9 7 3 26 0 2 87 7 .292 .322 .349 .671
2005 145 674 623 88 181 22 3 2 215 41 42 11 6 4 36 0 5 74 13 .291 .332 .345 .677
2006 112 506 464 69 139 19 1 2 166 31 30 7 15 0 26 1 1 49 8 .300 .338 .358 .696
2007 113 510 457 66 120 15 0 1 138 25 31 6 30 1 22 0 0 55 8 .263 .296 .302 .598
2008 130 591 538 64 131 15 2 4 162 28 32 7 15 1 35 0 2 81 8 .243 .292 .301 .593
2009 140 631 582 80 157 21 1 2 186 38 37 14 19 1 25 0 4 70 14 .270 .304 .320 .624
2010 136 625 579 65 170 29 5 3 218 39 20 8 5 1 38 1 2 73 8 .294 .339 .377 .716
2011 135 593 543 58 143 20 2 2 173 24 18 9 10 1 36 0 3 73 4 .263 .312 .319 .631
2012 129 569 510 50 128 21 1 3 160 31 12 4 36 2 19 0 2 65 4 .251 .280 .314 .593
2013 105 384 338 35 75 9 0 0 84 19 12 6 18 2 25 1 1 33 10 .222 .276 .249 .524
2014 109 471 395 46 106 17 2 1 130 21 17 1 33 1 39 1 3 63 7 .268 .338 .329 .667
2015 97 238 211 23 53 10 0 0 63 13 9 1 6 1 20 0 0 31 1 .251 .315 .299 .613
2016 93 321 289 25 71 8 1 1 84 16 13 0 14 0 15 0 3 39 9 .246 .290 .291 .581
NPB:20年 2083 8065 7308 926 1961 263 26 33 2375 457 373 112 278 26 417 11 36 989 119 .268 .310 .325 .635
  • 2016年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]


一塁 二塁 三塁 遊撃 外野
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
1997 1 0 0 0 0 ---- 2 0 1 0 0 1.000 - 16 12 16 1 2 .966 44 37 0 0 0 1.000
1998 - - 1 0 1 0 0 1.000 - 5 3 0 0 0 1.000
1999 - 1 1 0 0 0 1.000 - - 12 5 0 0 0 1.000
2000 - - - - 34 12 1 0 0 1.000
2001 1 2 0 0 0 1.000 50 104 120 5 14 .978 - 1 0 0 0 0 ---- 59 71 1 2 0 .973
2002 - 114 201 268 7 38 .985 - 1 0 1 0 0 1.000 28 36 0 0 0 1.000
2003 - 129 255 341 6 54 .990 - 9 7 13 0 1 1.000 -
2004 - 138 320 402 6 91 .992 - - -
2005 - 145 410 496 7 114 .992 - - -
2006 - 103 256 293 12 47 .979 - - 8 11 0 0 0 1.000
2007 - 113 284 345 9 69 .986 - - -
2008 - 130 329 415 11 74 .985 - 1 2 0 0 0 1.000 -
2009 - 140 358 450 11 80 .987 - - -
2010 - 3 5 12 0 1 1.000 - 134 226 383 20 69 .968 -
2011 - 26 33 30 0 8 1.000 - 127 200 387 17 67 .972 -
2012 - 129 389 401 15 85 .981 - - -
2013 - 99 242 274 7 57 .987 - - 2 2 1 0 0 1.000
2014 - 108 279 284 6 77 .989 - - -
2015 - 76 141 142 4 27 .986 - - 2 0 0 0 0 .000
通算 2 2 0 0 0 1.000 1430 3466 4132 102 809 .987 1 0 1 0 0 1.000 289 447 800 38 139 .970 192 177 3 2 0 .989
  • 2015年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 1000試合出場:2007年9月24日、対読売ジャイアンツ22回戦(東京ドーム)、2番・二塁手として先発出場 ※史上423人目
  • 200盗塁:2007年9月26日、対読売ジャイアンツ24回戦(東京ドーム)、2回表に二盗(投手:高橋尚成、捕手:阿部慎之助) ※史上66人目
  • 1000本安打:2008年6月21日、対千葉ロッテマリーンズ3回戦(ナゴヤドーム)、6回裏にブライアン・シコースキーから右中間三塁打 ※史上250人目
  • 250盗塁:2009年7月1日、対阪神タイガース7回戦(ナゴヤドーム)、6回裏に二盗(投手:福原忍、捕手:清水誉) ※史上40人目
  • 300盗塁:2011年6月28日、対横浜ベイスターズ7回戦(横浜スタジアム)、1回表に二盗(投手:ルイス・ゴンザレス、捕手:武山真吾) ※史上27人目
  • 1500試合出場:2011年8月18日、対読売ジャイアンツ12回戦(ナゴヤドーム)、1番・二塁手として先発出場 ※史上171人目
  • 1500本安打:2011年9月11日、対横浜ベイスターズ22回戦(ナゴヤドーム)、8回裏に藤江均から左前安打 ※史上111人目
  • 200犠打:2012年9月4日、対広島東洋カープ18回戦(ナゴヤドーム)、1回裏に野村祐輔から一塁前犠打 ※史上34人目
  • 350盗塁:2014年9月16日、対横浜DeNAベイスターズ21回戦(横浜スタジアム)、4回表に二盗(投手:山口俊、捕手:黒羽根利規) ※史上17人目
  • 2000試合出場:2016年4月9日、対読売ジャイアンツ2回戦(ナゴヤドーム)、2番・二塁手として先発出場 ※史上49人目
その他の記録
  • シーズン623打数(2005年) ※セ・リーグ記録
  • オールスターゲーム出場:5回 (2005年、2008年、2009年、2011年、2012年)

背番号[編集]

  • 2 (1996年 - )

登場曲[編集]

出演[編集]

CM
  • JAあいち豊田(2009年 - 。東海ラジオ ガッツナイター限定。ガッツナイター以外の自社制作のワイド番組の放送中にもこのCMが放送されることがある。共演者の女性と話がかみ合わないというバージョンや、荒木が年寄りのモノマネをするというものもあり、2010年からモノマネのバージョンが放送されている。年配のリスナーを中心に『年金受取の金融機関はJAあいち豊田に』という意味合いが元となっている)
その他
  • トーカ堂・ほっと青汁(同僚の井端弘和とともに、同社のテレビショッピングやネットショッピングに起用されている。)
  • 大塚製薬・「アミノバリューW」井端とともに広告ポスターに出演。2000年代中盤ごろ。
  • チア・スポ東海ラジオ、2012年4月 - 。「月例報告」として18時台前半に月1回の割合で出演。目標を設定し、達成できなければプレゼントを提供している)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中日荒木20%減「弱いチームだから下がるの当然」 - 野球日刊スポーツ 2016年11月17日閲覧
  2. ^ 2 荒木 雅博(あらき・まさひろ)スポーツニッポン 2016年5月13日閲覧
  3. ^ 二宮清純レポート 中日ドラゴンズ 荒木雅博 内野手34歳 「名手の誇り、職人の意地」現代ビジネス 2016年5月13日閲覧
  4. ^ 荒木、スイッチ打者への再挑戦 立浪兼任コーチ、軌道にホレた!中日スポーツ 2009年2月8日
  5. ^ それまでの記録は1996年オリックス・ブルーウェーブイチロー(現マイアミ・マーリンズ)の8試合
  6. ^ ドラゴンズHOTスタジオ2009年2月7日放送分より。
  7. ^ スポニチ 2009年4月1日 中日・荒木、井端、黄金の二遊間コンバートお預け(2009年4月8日閲覧)
  8. ^ スポニチ 2014年9月16日 荒木 350盗塁に到達!史上17人目、現役選手最多(2015年5月30日閲覧)
  9. ^ 落合監督「アライバ」に喝!日刊スポーツ 2008年10月12日 (2008年10月12日閲覧)
  10. ^ 『野球太郎 No.004 プロ野球12球団選手名鑑』 廣済堂出版、2013年、40頁。ISBN 978-4-331-80228-1
  11. ^ 岡田友輔、道作、三宅博人、morithy、蛭川皓平、高多薪吾、Student、水島仁 『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・レポート2』 水曜社、2013年、37頁。ISBN 978-4-88065-319-8
  12. ^ 小関順二、西尾典文、泉直樹 『プロ野球スカウティングレポート2008』 アスペクトムック、2008年、78頁。ISBN 978-4-7572-1439-2
  13. ^ 小関順二、西尾典文、泉直樹 『プロ野球スカウティングレポート2007』 アスペクトムック、2007年、252頁。ISBN 978-4-7572-1338-8
  14. ^ 小関順二、西尾典文、泉直樹 『プロ野球スカウティングレポート2009』 アスペクトムック、2009年、344頁。ISBN 978-4-7572-1628-0
  15. ^ 小関順二、西尾典文、泉直樹 『プロ野球スカウティングレポート2010』 アスペクトムック、2010年、78頁。ISBN 978-4-7572-1744-7
  16. ^ 2008年まで打撃コーチだった宇野勝が2011年4月3日の東海ラジオでの解説において発言
  17. ^ 荒木、スイッチ打者への再挑戦 立浪兼任コーチ、軌道にホレた!中日スポーツ 2009年2月8日
  18. ^ a b 2010年7月3日に秋田こまちスタジアムで行われた東京ヤクルト×中日戦の試合中継を行った東海ラジオ ガッツナイタースペシャルの前に放送されたガッツナイター最前線より。
  19. ^ 2012年4月7日に放送された名古屋テレビの番組ドデスカ!でのインタビューより。
  20. ^ 2016年9月27日に放送された東海ラジオの番組ドラヂカラ!!より。
  21. ^ 落合「中日のタブー暴露」講演会を実況中継(2)「選手の性格で指導を変えた」 - http://www.asagei.com/” (日本語). sportsnavi.com. 2012年2月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]