板東里視

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
板東 里視
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県板野郡板東町(現:鳴門市
生年月日 (1942-01-01) 1942年1月1日
没年月日 (1999-10-07) 1999年10月7日(57歳没)
身長
体重
181 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1960年
初出場 1960年
最終出場 1979年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 近鉄バファローズ (1979, 1982 - 1994)

板東 里視(ばんどう さとみ、1942年1月1日 - 1999年10月7日)は、徳島県板野郡板東町出身の元プロ野球選手(投手)・コーチ監督

経歴[編集]

タレントの板東英二(元中日)は中学の一つ先輩にあたる(苗字は同一ではあるが血縁関係はない)[1]鳴門高では3年時の1959年、春季四国地区大会予選で徳島東工相手にノーヒットノーランを達成。夏の甲子園県予選では優勝し、南四国大会決勝で高知商山崎武昭と投げ合うが、結果は1-4で敗退。甲子園出場を逃した。

1960年近鉄バファローに入団。2年目の1961年より一軍に定着し、3年目の1962年には開幕投手を務める。入団してから7年で7勝しか挙げられなかったが、1967年に8勝、1968年には200イニングを登板、自己最多となる12勝を挙げる。その後は再び低迷するも、1974年に10勝を挙げて復活[2]。以降リリーフ、さらに谷間の先発としてチームに貢献した[2]1979年に投手コーチ兼任となり[3]、同年引退。

その後は近鉄のスカウト(1980年 - 1981年, 1995年 - 1998年)、二軍投手コーチ(1982年 - 1983年, 1989年 - 1992年)、一軍投手コーチ(1984年 - 1987年, 1994年)、二軍監督(1988年, 1993年)を歴任。スカウト時代は中国・四国地方を担当したが、1998年に病気のため退団。

鈴木啓示が「プロ入り初のキャンプは同じ部屋の佐々木宏一郎さんの寝言、板東里視さんの歯ぎしり、牧野伸さんのいびきが酷くて夜もしんどかった。」 と語っている[4]

1999年10月7日胆管癌のため大阪市内の病院で死去。57歳没。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1960 近鉄 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 17 3.0 8 0 0 0 0 1 0 0 4 4 12.00 2.67
1961 16 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 121 27.1 34 4 7 0 2 8 0 0 17 12 3.86 1.50
1962 37 14 0 0 0 2 4 -- -- .333 361 84.1 89 9 30 0 2 49 0 0 53 45 4.76 1.41
1963 33 5 0 0 0 4 1 -- -- .800 238 58.2 59 7 15 0 1 19 0 0 29 25 3.81 1.26
1964 34 5 0 0 0 1 2 -- -- .333 292 69.1 78 7 17 2 1 23 0 0 40 37 4.83 1.37
1965 27 5 0 0 0 0 4 -- -- .000 286 69.2 67 11 22 1 2 24 0 0 33 32 4.11 1.28
1966 5 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 37 6.0 16 1 2 0 0 2 0 0 13 13 19.50 3.00
1967 46 21 1 0 0 8 15 -- -- .348 669 164.2 150 20 38 2 6 96 2 0 73 59 3.22 1.14
1968 55 29 5 1 0 12 14 -- -- .462 888 213.2 185 25 78 4 2 126 3 0 104 96 4.04 1.23
1969 34 12 1 1 0 5 6 -- -- .455 479 116.0 92 15 35 0 6 77 1 0 53 42 3.26 1.09
1970 39 10 1 0 0 3 5 -- -- .375 398 103.0 82 14 15 3 3 64 1 0 43 37 3.23 0.94
1971 31 7 0 0 0 3 5 -- -- .375 316 73.0 78 10 29 3 2 46 2 1 45 42 5.18 1.47
1972 40 6 1 0 0 2 1 -- -- .667 387 93.0 83 4 36 5 4 68 1 0 29 26 2.52 1.28
1973 40 11 3 1 0 4 9 -- -- .308 475 115.0 109 9 34 2 3 47 1 2 48 36 2.82 1.24
1974 36 22 6 0 0 10 10 3 -- .500 656 162.1 148 16 40 3 3 64 5 0 66 64 3.56 1.16
1975 20 16 4 3 0 5 10 0 -- .333 425 98.2 115 13 28 1 5 33 1 0 50 48 4.36 1.45
1976 18 13 2 1 0 7 6 2 -- .538 400 99.2 83 6 22 0 7 38 0 0 30 23 2.07 1.05
1977 18 11 0 0 0 3 5 1 -- .375 258 59.1 73 6 11 0 4 24 1 2 31 26 3.97 1.42
1978 32 6 0 0 0 7 1 4 -- .875 391 93.2 101 8 18 1 3 29 1 0 29 26 2.49 1.27
1979 16 3 0 0 0 3 0 1 -- 1.000 158 36.0 43 12 9 0 2 19 0 0 23 23 5.75 1.44
通算:20年 579 196 24 7 0 79 98 11 -- .446 7252 1746.1 1693 197 486 27 58 857 19 5 813 716 3.69 1.25
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 17 (1960年 - 1979年)
  • 78 (1982年 - 1994年)

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『週刊プロ野球データファイル』2012年69号、ベースボール・マガジン社、P2
  2. ^ a b 近鉄バファローズ球団史1950-2004、ベースボール・マガジン社、2012年、P45
  3. ^ ベースボールマガジン 2007年春季号 伝説の名チーム名鑑復刻版⑦ 1979近鉄バファローズ P88
  4. ^ スポーツニッポン『我が道』2011年10月10日

関連項目[編集]