山崎慎太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山崎 慎太郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県新宮市
生年月日 (1966-05-19) 1966年5月19日(51歳)
身長
体重
181 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 1984年 ドラフト3位
初出場 1987年5月28日
最終出場 2002年10月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

山崎 慎太郎(やまさき しんたろう、1966年5月19日 - )は、和歌山県出身の元プロ野球選手投手)、野球解説者

経歴[編集]

新宮高校から1984年、ドラフト3位で近鉄に入団。1986年は、アメリカルーキーリーグに野球留学した。1987年にプロ初勝利を完投で飾り華々しくデビュー。1988年に一軍に定着するといきなり13勝を挙げる[1]。同年、「10.19」に望みをつなぐ、10月18日のロッテ戦、翌年のラルフ・ブライアント4連発前の西武戦でいずれも勝利投手になる[1]。近鉄時代は開幕投手や3度の二桁勝利を挙げ、小池秀郎らと共に主軸として活躍した。1988年から2年間近鉄の一軍投手コーチだった権藤博は西武戦が得意な投手だったと著書の中で記している[2]

1997年オフにFA宣言したが、なかなか獲得の意思を示す球団が現れず、FA規定に定められている期間ギリギリでダイエーに移籍。期待されたが故障などでほとんど登板機会が無く、わずか2年で解雇される。

その後広島にテスト入団し、一時は抑えも任せられるなど復活の気配を見せたものの、夏場以降は登板機会が無く再び解雇される。2001年にはオリックスにテスト入団し、中継ぎなどを務めるも、往年の輝きを取り戻す事は出来ず2002年限りで現役引退。

2003年はオリックスの打撃投手としてチームを裏で支えた。

その後は茨城ゴールデンゴールズの投手コーチを経て、天理大学硬式野球部や天理高等学校硬式野球部の臨時コーチを務めている[3]

選手としての特徴[編集]

コントロールに対する評価は高いとは言えず、球速よりも[1]、一人時間差投法(今で言う2段モーションに近い)で微妙に打者のタイミングを外したり、打者の打ち気を読んでの[1]頭脳的なピッチング、で活躍した。

人物[編集]

通称「ミスターフルカウント[1]。「寝ていようと思えばいつまでも寝られる」体質らしく、そのため近鉄時代には寝坊で試合に遅刻することが少なくなかった。しまいにはなんと「ナイターの試合に寝坊して、試合開始後に球場に姿を現した」ことすらあるという[4]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1987 近鉄 12 6 2 0 1 1 4 0 -- .200 202 45.1 52 3 19 1 3 23 2 0 20 18 3.57 1.57
1988 25 23 4 1 0 13 7 0 -- .650 701 168.1 146 15 67 2 8 100 3 0 63 58 3.10 1.27
1989 26 25 5 1 0 9 10 1 -- .474 710 165.0 174 17 69 1 5 90 0 0 85 69 3.76 1.47
1990 25 24 7 0 0 8 10 0 -- .444 647 145.1 156 18 76 2 3 89 5 0 90 85 5.26 1.60
1991 28 15 3 0 0 5 9 0 -- .357 448 102.0 105 10 43 0 4 58 1 1 60 52 4.59 1.45
1992 29 2 0 0 0 2 2 2 -- .500 241 54.0 61 4 25 1 3 46 2 0 24 21 3.50 1.59
1993 22 22 3 1 1 9 5 0 -- .643 569 131.2 140 15 49 0 1 55 4 0 61 55 3.76 1.44
1994 27 27 10 3 2 12 10 0 -- .545 772 179.2 182 13 65 4 2 85 3 0 87 68 3.41 1.37
1995 27 27 9 1 1 10 12 0 -- .455 798 183.2 186 14 76 2 4 120 8 0 90 77 3.77 1.43
1996 25 25 7 3 0 8 13 0 -- .381 722 167.0 159 19 73 3 4 107 6 1 87 77 4.15 1.39
1997 8 8 0 0 0 3 4 0 -- .429 196 40.1 64 8 18 0 2 18 3 0 36 35 7.81 2.03
1998 ダイエー 5 5 0 0 0 2 3 0 -- .400 96 18.1 31 1 10 0 1 8 0 0 20 18 8.84 2.24
1999 1 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 20 4.1 6 0 2 0 0 1 0 0 6 6 12.46 1.85
2000 広島 25 3 0 0 0 2 2 6 -- .500 169 37.0 50 4 15 0 2 22 0 0 21 21 5.11 1.76
2001 オリックス 47 0 0 0 0 3 0 0 -- 1.000 239 49.2 58 7 29 1 4 27 1 0 32 30 5.44 1.75
2002 7 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 41 8.1 13 2 5 0 1 3 0 0 9 9 9.72 2.16
通算:16年 339 213 50 10 5 87 92 9 -- .486 6571 1500.0 1583 150 641 17 47 852 38 2 791 699 4.19 1.48
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 39 (1985年 - 1988年)
  • 15 (1989年 - 1997年)
  • 21 (1998年 - 1999年)
  • 17 (2000年)
  • 40 (2001年 - 2002年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 近鉄バファローズ球団史1950-2004、ベースボール・マガジン社、2012年、P29
  2. ^ 権藤博、『教えない教え』、集英社新書、2010年、P29。
  3. ^ ありのままで:第87回センバツ話題校/5 天理(奈良) 毎日新聞 2015年02月19日 東京朝刊
  4. ^ プロ野球ここだけの話』(フジテレビワンツーネクスト)第4回での阿波野秀幸の証言による

関連項目[編集]

外部リンク[編集]