沢藤光郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
沢藤 光郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岩手県盛岡市
生年月日 (1919-08-10) 1919年8月10日
没年月日 (1987-12-05) 1987年12月5日(68歳没)
身長
体重
167 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1950年
初出場 1950年3月13日
最終出場 1957年10月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

沢藤 光郎(さわふじ みつろう、1919年8月10日 - 1987年12月5日)は、岩手県出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

盛岡商業学校時代の1936年夏の甲子園にエースとして出場するも[1]、初戦で全国制覇した岐阜商業学校に大敗した。

高校卒業後は、日本製鐵釜石へ進み、盛岡鉄道管理局へ移籍するとエースとして活躍。1948年の全国鉄道大会では優勝に貢献した[1]

1950年に創設したばかりの近鉄に入団した[1]。チーム公式戦の第2戦、1950年3月13日の対南海戦に先発完投勝利を挙げ、これが球団および自身の公式戦初勝利となる[1]。この年は50試合に登板、チーム最多の18勝をマークするも、チーム自体は首位毎日から37.5ゲーム差の最下位だった。翌年以降も関根潤三武智文雄らと共に、初期のチームを支えた。チームは低迷期にあり1951年、1952年は16敗、22敗といずれもリーグ最多敗戦を喫している[1](1リーグ制を含めてNPBで初めて二年連続のリーグ敗戦投手である)。1957年限りで現役を引退。

引退後は、1958年から1969年までコーチとなり、それ以降もスコアラーを勤めた。1975年後期に近鉄が「初優勝」(プレーオフに敗れたためリーグ優勝とはならなかった)を遂げたときには、ネット裏で直立不動で涙を流して喜んでいた[1]

1987年12月5日に死去。享年68。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1950 近鉄 50 37 20 3 2 18 19 -- -- .486 1254 301.2 292 20 83 -- 9 164 2 2 153 124 3.70 1.24
1951 36 26 13 1 2 8 16 -- -- .333 863 210.1 177 13 65 -- 4 82 0 1 93 73 3.11 1.15
1952 40 25 4 1 2 5 22 -- -- .185 772 178.0 201 12 52 -- 4 75 0 1 109 87 4.40 1.42
1953 38 24 10 4 2 12 12 -- -- .500 899 222.0 191 8 58 -- 7 89 0 0 77 65 2.64 1.12
1954 29 18 8 3 0 14 2 -- -- .875 562 144.0 129 7 31 -- 0 52 1 2 45 32 2.00 1.11
1955 30 16 2 0 0 2 9 -- -- .182 437 102.2 115 6 22 0 3 37 0 0 50 35 3.06 1.33
1956 26 14 2 1 2 7 5 -- -- .583 427 106.1 104 5 15 0 3 38 2 0 38 32 2.69 1.12
1957 26 6 2 0 1 2 5 -- -- .286 376 93.2 91 7 13 0 1 26 1 0 36 28 2.68 1.11
通算:8年 275 166 61 13 11 68 90 -- -- .430 5590 1358.2 1300 78 339 0 31 563 6 6 601 476 3.15 1.21
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 17 (1950年 - 1957年)
  • 50 (1958年 - 1961年)
  • 57 (1962年 - 1966年)
  • 67 (1967年 - 1969年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 近鉄バファローズ球団史1950-2004、ベースボール・マガジン社、2012年、P38

関連項目[編集]