竹田和史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
竹田 和史
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県
生年月日 (1950-07-04) 1950年7月4日(67歳)
身長
体重
179 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1968年 ドラフト6位
初出場 1972年4月30日
最終出場 1979年5月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

竹田 和史(たけだ まさふみ、1950年7月4日 - )は、兵庫県出身の元プロ野球選手

来歴・人物[編集]

1950年兵庫県で生まれる。育英高等学校では速球派左腕として活躍。1年下の前村泰正(法大本田技研鈴鹿)と投の二本柱を組み、1967年秋季兵庫大会準決勝に進むが、市神港高山口高志に抑えられ惜敗。翌年夏の甲子園県予選では連続11三振を奪った実績がある。1968年のドラフト会議において中日ドラゴンズから6巡目で指名され、入団。

プロ入り後は先発投手としてのスタミナが備わっていなかったため、主に中継ぎ投手として起用される。1974年に頭角を現し、中継ぎ、抑えとして29試合に登板。5勝3セーブを挙げ同年のリーグ優勝に貢献した。東京オリオンズとの日本シリーズでも3試合に登板している。1975年には鈴木孝政に次ぐ57試合に登板。1976年オフ、藤波行雄とともにクラウンライターライオンズ基満男とのトレードを通告されるが、これに基と竹田が了承した一方で、藤波が引退も辞さぬ覚悟で強く反発したために消滅(藤波行雄参照)。

結局、竹田は松林茂とのトレードでクラウンに移籍。ここでは先発としても起用され、1978年には初完投勝利を果たす。しかしチーム内で冷遇されたため、自らトレードを志願し、同年オフに球団が「西武ライオンズ」となり福岡県から埼玉県に移転した直後、田淵幸一古沢憲司との交換トレードが成立し、真弓明信竹之内雅史若菜嘉晴と共に阪神タイガースへ移籍した。しかし、移籍後は故障から一軍のマウンドから遠ざかり、1980年限りで現役を引退した。引退後は古巣である中日ドラゴンズへ戻り、スコアラーや打撃投手を務めた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1972 中日 21 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 99 21.0 25 3 13 0 2 10 0 0 9 7 3.00 1.81
1973 8 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 28 5.2 7 2 5 0 0 2 0 0 4 3 4.50 2.12
1974 29 0 0 0 0 5 2 3 -- .714 167 41.2 29 6 22 0 2 21 1 0 17 15 3.21 1.22
1975 57 1 0 0 0 5 3 2 -- .625 339 80.1 66 15 41 3 1 59 3 0 35 33 3.71 1.33
1976 25 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 132 27.1 42 9 16 1 1 15 0 1 26 25 8.33 2.12
1977 クラウン 24 6 0 0 0 1 2 0 -- .333 218 49.0 53 9 27 2 0 23 1 1 31 29 5.33 1.63
1978 28 8 1 0 1 1 5 0 -- .167 287 66.0 68 6 21 0 1 27 2 0 30 25 3.41 1.35
1979 阪神 7 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 34 5.1 12 2 6 4 1 3 1 0 11 9 16.20 3.38
通算:8年 199 17 1 0 1 12 14 5 -- .462 1304 296.1 302 52 151 7 8 160 8 2 163 146 4.44 1.53

記録[編集]

背番号[編集]

  • 46 (1969年 - 1976年)
  • 16 (1977年 - 1978年)
  • 51 (1979年 - 1980年)
  • 88 (1981年 - 1989年)
  • 98 (1990年)

関連項目[編集]