山川猛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山川 猛
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県姫路市
生年月日 (1955-02-24) 1955年2月24日(64歳)
身長
体重
180 cm
88 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1978年 ドラフト3位
初出場 1980年7月29日
最終出場 1988年5月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 阪神タイガース (1989)

山川 猛(やまかわ たけし、1955年2月24日 - )は、兵庫県姫路市出身の元プロ野球選手捕手)。西武ライオンズ阪神タイガースに所属した。引退後は阪神のコーチを務め、現在は阪神の編成部に所属。

来歴・人物[編集]

東洋大姫路高では、捕手として1971年秋季近畿大会に進むが、2回戦(初戦)で天理高に7回コールド負け、春の選抜出場を逸する。翌1972年夏の甲子園兵庫県予選決勝で市神港高との延長15回の熱戦を制し、夏の甲子園に出場。1回戦で掛布雅之のいた習志野高と対戦、大会第1号の満塁本塁打を放ち勝利に貢献する。しかし2回戦で高知商に敗れた。

卒業後は駒澤大学に進学。駒大の捕手陣には1年上に小川良一(住友金属)、同期に大宮龍男がおりなかなか出場機会がなかった。東都大学野球リーグでは、在学中5度の優勝を経験。後に西武ライオンズで同僚となる、同期の森繁和らとバッテリーを組んだ。卒業後はノンプロの西川物産(金沢市)に進む。

1978年ドラフト3位で西武ライオンズに入団。1980年にはイースタンリーグ本塁打王に輝き、翌1981年は一軍で終盤の14試合に先発出場。1982年オフ、清家政和内野手との交換トレードで阪神タイガースに移籍、同年に退団した若菜嘉晴の後継を笠間雄二と争う。1984年には正捕手となり110試合に出場する。しかし一発長打はあるが打撃に確実性を欠き、翌年には球団の若手育成方針もあって木戸克彦にレギュラーを奪われた。1988年限りで引退。

引退後、1989年の1年間だけ一軍バッテリーコーチを務めた。

退団後、建設会社に勤務。営業を担当していたが、球団社長の誘いでフロントに復帰。渉外部を経て、現在は編成部のプロスカウトを担当している。[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1980 西武 6 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
1981 20 54 52 5 11 1 2 1 19 3 0 0 1 0 1 0 0 9 0 .212 .226 .365 .592
1983 阪神 13 8 8 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1 .000 .000 .000 .000
1984 114 281 249 32 48 7 1 10 87 25 1 0 8 1 22 7 1 53 9 .193 .260 .349 .609
1985 48 89 80 12 17 4 0 4 33 10 0 0 2 0 7 2 0 19 1 .213 .276 .413 .688
1986 24 11 10 2 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 1 0 0 5 0 .200 .273 .200 .473
1987 30 32 31 2 6 1 0 2 13 3 0 0 0 0 0 0 1 10 1 .194 .219 .419 .638
1988 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:8年 257 481 436 53 84 13 3 17 154 42 1 0 11 1 31 9 2 105 12 .193 .249 .353 .602

年度別守備成績[編集]


捕手
試合 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1980 6 3 3 0 .000
1981 20 25 20 5 .200
1983 10 1 1 0 .000
1984 114 97 59 38 .392
1985 35 29 24 5 .172
1986 6 5 3 2 .400
1987 17 8 5 3 .375
通算 208 168 115 53 .315

記録[編集]

背番号[編集]

  • 37 (1979年 - 1982年)
  • 38 (1983年 - 1988年)
  • 86 (1989年)

脚注[編集]

関連項目[編集]