山口哲治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山口 哲治
東北楽天ゴールデンイーグルス コーチ #71
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 奈良県五條市
生年月日 (1959-04-17) 1959年4月17日(58歳)
身長
体重
186 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1977年 ドラフト2位
初出場 1979年4月18日
最終出場 1988年9月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

山口 哲治(やまぐち てつじ、1959年4月17日 - )は、奈良県五條市出身の元プロ野球選手投手)・プロ野球コーチ。

2017年からは、東北楽天ゴールデンイーグルスプロスカウトを務める一方で、「ピッチングコーディネーター」の肩書で投手の指導にも当たる[1]

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

智辯学園高校の2年生だった1976年の春に、第48回選抜高等学校野球大会へ出場。チームが阪神甲子園球場での全国大会に出場したのは、春夏を通じてこの大会が初めてであった。しかし、卒業後に同志社大学三菱自動車京都に所属した阪本正行と山口を併用することによって、初出場ながら準々決勝まで進出。山口は準々決勝の先発を任されたが、松本正志弓岡敬二郎を擁する東洋大姫路高校に敗れた[2]。夏の全国大会奈良大会では、中学校時代の同級生である鈴木康友がいた天理高校と決勝で対戦。福家雅明と投げ合ったが、引き分け再試合の末に、春夏連続の甲子園行きを逃した。

1977年には、エースとして、春夏連続で甲子園の全国大会へ出場。春の第49回選抜高等学校野球大会では準決勝に進むが、上川誠二のいた箕島高校に完封負けを喫した[2]。夏には、奈良県予選の準々決勝で天理高校に雪辱すると、紀和大会の決勝で和歌山県立田辺高校と対戦。木下透との投げ合いを制した末に、紀和(奈良県・和歌山県)代表として第59回全国高等学校野球選手権本大会への出場を果たした。本大会では、星稜高校との1回戦で小松辰雄との壮絶な投手戦を制したが、3回戦で今治西高校に敗れた[3]

1977年のプロ野球ドラフト会議近鉄バファローズから2位で指名されたことを機に、同球団へ入団した。背番号は29

プロ入り後[編集]

1978年には一軍公式戦での登板機会がなかったものの、翌1979年には、シュートを武器に一軍へ定着。先発・抑え要員として積極的に起用された末に、最優秀防御率のタイトルを獲得した。阪急ブレーブスとのプレーオフでは、3試合連続で抑えとして登板。いずれも完璧に抑えたことから、近鉄史上初のリーグ優勝・日本シリーズ進出へ貢献するとともに、プレーオフMVPを受賞した。ただし、日本シリーズでは広島東洋カープ打線に打ち込まれてしまい、チームもシリーズ制覇を逃した。

1980年以降は腰痛などの影響で伸び悩んだため、1985年のシーズン終了後に、新井宏昌との交換トレード南海ホークスへ移籍。移籍1年目の1986年から2年間は、投手としては珍しく、1桁の背番号(新井が移籍前まで付けていた6)を着用していた。しかし、一軍公式戦で目立った成績を残せないまま、1988年に29歳の若さで引退した。

現役引退後[編集]

1989年には阪神タイガース1990年から1996年までは古巣の近鉄で打撃投手を歴任。近鉄では、1997年から1998年まで二軍投手コーチを務めた。1999年から2003年まで同球団のフロント業務へ就いた後に、2004年に二軍投手コーチへ復帰。しかし、近鉄球団がオリックス・ブルーウェーブへの吸収合併によって2004年限りで消滅したため、2005年からは新設球団の東北楽天ゴールデンイーグルスに籍を置いている。

楽天では、創設1年目からチーフスコアラーを担当。2013年から編成部へ異動すると、プロスカウトを経て、プロ・スカウトグループのマネジャーを務めた。2017年1月27日付で、新設ポストのピッチングコーディネーターに就任。プロスカウトとの兼務扱いながら、投手コーチに準ずるポストで、事実上13年振りの現場復帰を果たした[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1979 近鉄 36 10 4 0 1 7 7 4 -- .500 597 148.1 139 17 32 4 2 57 1 0 47 41 2.49 1.15
1980 17 1 0 0 0 2 1 1 -- .667 143 31.0 47 8 6 1 1 14 3 0 22 22 6.39 1.71
1981 29 6 3 1 1 4 2 3 -- .667 430 99.2 116 8 22 2 6 40 0 0 47 38 3.43 1.38
1982 27 1 0 0 0 3 3 4 -- .500 243 56.2 53 7 22 2 3 26 0 0 34 29 4.61 1.32
1983 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 25 5.0 9 1 3 0 0 2 0 0 5 5 9.00 2.40
1984 7 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 46 11.1 13 2 2 0 0 4 0 0 8 8 6.35 1.32
1985 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 44 9.1 13 4 3 0 1 2 0 0 9 7 6.75 1.71
1986 南海 6 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 56 11.1 17 3 5 2 1 3 1 0 8 4 3.18 1.94
1988 6 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 30 7.0 10 0 1 0 0 0 0 0 4 4 5.14 1.57
通算:9年 136 18 7 1 2 16 13 12 -- .552 1614 379.2 417 50 96 11 14 148 5 0 184 158 3.75 1.35
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

  • 初登板:1979年4月18日、対日本ハムファイターズ前期2回戦(日本生命球場)、7回表から3番手で救援登板・完了、3回無失点
  • 初先発:1979年5月3日、対西武ライオンズ前期5回戦(平和台球場)、5回2/3を2失点で勝敗つかず
  • 初勝利:1979年5月19日、対西武ライオンズ前期7回戦(平和台球場)、4回裏無死から2番手で救援登板・完了、6回無失点
  • 初先発勝利・初完投勝利:1979年6月18日、対日本ハムファイターズ前期12回戦(藤井寺球場)、10回2失点(自責点1)
  • 初セーブ:1979年7月19日、対ロッテオリオンズ後期2回戦(静岡草薙球場)、6回裏から3番手で救援登板・完了、4回無失点
  • 初完封勝利:1981年8月2日、対日本ハムファイターズ後期6回戦(札幌円山球場

タイトル[編集]

表彰[編集]

背番号[編集]

  • 29 (1978年 - 1985年)
  • 6 (1986年 - 1987年)
  • 16 (1988年)
  • 98 (1989年)
  • 91 (1990年)
  • 101 (1991年 - 1996年)
  • 86 (1997年 - 1998年、2004年)
  • 71 (2017年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 楽天の池山1軍打撃コーチ、今季から1軍チーフコーチに(『full-Count』2017年1月27日付記事)
  2. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  3. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]