梅沢義勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
梅沢 義勝
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県筑西市(旧下館市
生年月日 (1959-04-25) 1959年4月25日(61歳)
身長
体重
180 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1977年 ドラフト2位
初出場 1979年9月2日
最終出場 1988年5月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

梅沢 義勝(うめざわ よしかつ、1959年4月25日 - )は、茨城県筑西市(旧下館市)出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

来歴・人物[編集]

鬼怒商では1977年夏の甲子園県予選準々決勝に進出。大野久のいた取手二高と対戦するが、延長18回引き分け再試合の末に敗退した。

同年のドラフト2位でロッテ入団[1]。堀内二世といわれる正統な本格派として評判だった。重い球質のストレートが武器、カーブ、シュート、スライダーを軸に中継ぎ投手として活躍。ロングリリーフを中心に起用され、1981年には倉持明とともにストッパーを務め、前期は防御率トップとなる。同年は130イニングを投げ規定投球回(6位、防御率3.25)に到達、7勝8セーブを記録した。その後も中継ぎとして起用されるが、1987年にロッテを自由契約になりヤクルトに移籍[1]。ここでは活躍の場に恵まれず、1988年限りで現役引退[1]

現在は会社員の傍ら、野田リトルシニアの監督を務める。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1979 ロッテ 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 36 7.1 8 1 6 0 1 8 0 0 4 4 5.14 1.91
1980 28 2 0 0 0 1 2 0 -- .333 302 69.1 65 17 33 2 7 49 0 0 47 40 5.22 1.41
1981 48 1 0 0 0 7 2 8 -- .778 544 130.0 99 15 65 6 7 62 0 1 53 47 3.25 1.26
1982 38 4 0 0 0 3 3 3 -- .500 476 107.1 116 17 41 2 5 35 2 1 55 49 4.12 1.46
1983 37 5 0 0 0 1 3 2 -- .250 367 82.2 81 9 39 2 4 35 0 0 38 34 3.70 1.45
1984 33 0 0 0 0 1 2 3 -- .333 316 74.2 71 6 28 1 2 45 2 0 39 34 4.10 1.33
1985 37 1 0 0 0 3 2 6 -- .600 261 58.2 66 10 26 1 1 47 1 0 38 35 5.37 1.57
1986 14 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 102 24.0 29 1 9 2 0 14 0 0 14 12 4.50 1.58
1988 ヤクルト 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 31 6.2 9 2 3 0 0 4 0 0 6 6 8.10 1.80
通算:9年 244 13 0 0 0 17 14 22 -- .548 2435 560.2 544 78 250 16 27 299 5 2 294 261 4.19 1.42
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

背番号[編集]

  • 37 (1978年 - 1987年)
  • 13 (1988年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、85ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]