1978年の日本ハムファイターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1978年の日本ハムファイターズ
成績
パシフィック・リーグ3位
年間3位:55勝63敗12分 勝率.466
後期4位:26勝32敗7分 勝率.448
前期3位:29勝31敗5分 勝率.483[1]
本拠地
都市 東京都文京区
球場
後楽園球場
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 大社義規
経営母体 日本ハム
監督 大沢啓二
« 1977
1979 »

1978年の日本ハムファイターズ(1978ねんのにほんハムファイターズ)では、1978年シーズンについての日本ハムファイターズの動向をまとめる。

このシーズンの日本ハムファイターズは、大沢啓二監督の3年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 富田勝
2 島田誠
3 柏原純一
4 ミッチェル
5 永淵洋三
6 加藤俊夫
7 村井英司
8 中村国昭
9 菅野光夫
投手 佐伯和司
1978年パシフィック・リーグ順位変動
前期
順位 4月終了時 5月終了時 前期最終
1位 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 ロッテ 2.0 近鉄 5.0 近鉄 9.0
3位 近鉄 3.5 ロッテ 日本ハム 13.0
4位 南海 8.0 日本ハム 9.0 クラウン 13.5
5位 日本ハム 9.0 クラウン 15.0 ロッテ 16.0
6位 クラウン 10.5 南海 17.0 南海 20.5
後期
順位 7月終了時 8月終了時 後期最終
1位 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 近鉄 1.0 近鉄 3.0 近鉄 0.0
3位 ロッテ 5.5 クラウン 8.5 ロッテ 10.0
4位 クラウン 6.5 日本ハム 10.0 日本ハム 12.5
5位 南海 7.5 ロッテ 11.5 クラウン 16.0
6位 日本ハム 9.5 南海 15.0 南海 18.5
前期成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 44 20 1 .688 --
2位 近鉄バファローズ 32 26 7 .552 9.0
3位 日本ハムファイターズ 29 31 5 .483 13.0
4位 クラウンライターライオンズ 28 31 6 .475 13.5
5位 ロッテオリオンズ 25 33 7 .431 16.0
6位 南海ホークス 22 39 4 .361 20.5
後期成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 38 19 8 .667 --
2位 近鉄バファローズ 39 20 6 .661 0.0
3位 ロッテオリオンズ 28 29 8 .491 10.0
4位 日本ハムファイターズ 26 32 7 .448 12.5
5位 クラウンライターライオンズ 23 36 6 .390 16.0
6位 南海ホークス 20 38 7 .345 18.5
1978年パシフィック・リーグ年間成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 82 39 9 .678
2位 近鉄バファローズ 71 46 13 .607
3位 日本ハムファイターズ 55 63 12 .466
4位 ロッテオリオンズ 53 62 15 .461
5位 クラウンライターライオンズ 51 67 12 .432
6位 南海ホークス 42 77 11 .353

*阪急が前後期完全優勝したため、プレーオフは行わずそのまま年間優勝[1]

オールスターゲーム1978[編集]

ファン投票 高橋直樹 加藤俊夫 柏原純一 富田勝 ミッチェル 千藤三樹男 古屋英夫 菅野光夫
監督推薦 佐伯和司
  • 取り消し線は出場辞退

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー[1]
選手名 タイトル 成績 回数
ミッチェル 本塁打王 36本 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
柏原純一 一塁手 初受賞
ダイヤモンドグラブ賞
選手名 ポジション 回数
柏原純一 一塁手 初受賞

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 高代延博 内野手 東芝 入団
2位 工藤幹夫 投手 本荘高 入団
3位 井上晃二 内野手 別府大学附属高 入団
4位 国沢道雄 投手 伊野商業高 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 年度別成績 1978年 パシフィック・リーグ”. 2017年6月9日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 124