今津光男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
今津 光男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県尼崎市
生年月日 1938年7月8日
没年月日 (2005-11-07) 2005年11月7日(満67歳没)
身長
体重
167 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1957年
初出場 1958年
最終出場 1975年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

今津 光男(いまづ みつお、1938年7月8日 - 2005年11月7日)は、兵庫県尼崎市出身の元プロ野球選手内野手)・コーチ

経歴[編集]

尼崎高校では甲子園に投手として3回出場。2年次の1955年春の選抜で準決勝へ進出するが、山本八郎坂崎一彦を擁する浪華商に0-1で敗退[1]1956年選抜は、準々決勝で県岐阜商の清沢忠彦(慶大住友金属)に完封を喫した[1]。同年の夏の選手権では、1回戦で青野修三を擁する西条高に惜敗[2]

卒業後の1957年中日ドラゴンズへ入団し、1年目は一軍出場こそ無かったが、ウエスタン・リーグの最優秀防御率を獲得。その後は自ら希望して遊撃手に転向し、2年目の1958年には牧野茂に代わりレギュラーとなる。1959年は故障もあって前田益穂に正遊撃手の座を譲るが、その後も内野の準レギュラーとして活躍。1965年には広島カープへ移籍し、古葉竹織と二遊間を組む。1968年には初の規定打席(26位、打率.234)に到達し、球団史上初のAクラス入りに貢献。1969年までレギュラーの地位を守るが、1970年には三村敏之に定位置を譲る。1974年には阪急ブレーブス1976年には日本ハムファイターズにコーチ兼任として移籍。同年限りで現役を引退。

引退後は日本ハム(1977年 - 1983年1985年 - 1986年一軍内野守備コーチ, 1984年一軍守備・走塁コーチ)、オリックス(1990年一・二軍走塁コーチ, 1991年一軍守備・走塁コーチ)、近鉄1992年 - 1993年一軍走塁コーチ, 1994年二軍野手総合コーチ)、サンバンウル1996年 - 1997年コーチ)でコーチを歴任。オリックスコーチ時代は佐藤和弘と二人三脚の関係であったが、ほぼ「合宿での飲み友達」だったという話もある。1990年には日本ハム戦でトニー・ブリューワへの死球がきっかけで乱闘騒ぎが起こり、日本ハムの近藤和彦一軍打撃コーチを蹴り飛ばした事もあった。

2005年11月7日肺癌のため東京都清瀬市の病院で死去。享年67[3]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1958 中日 102 278 265 20 46 10 0 3 65 13 5 5 8 1 4 0 0 47 6 .174 .186 .245 .431
1959 32 34 34 4 5 1 1 0 8 2 1 0 0 0 0 0 0 8 0 .147 .147 .235 .382
1960 100 163 148 11 30 8 0 0 38 12 11 5 5 0 9 0 1 19 3 .203 .253 .257 .510
1962 56 41 39 13 8 0 0 1 11 5 0 3 2 0 0 0 0 4 1 .205 .205 .282 .487
1963 101 130 119 10 21 2 2 0 27 7 1 1 4 2 5 0 0 10 1 .176 .210 .227 .437
1964 58 131 118 10 21 6 0 1 30 7 5 2 5 1 7 0 0 12 0 .178 .224 .254 .478
1965 広島 81 178 162 11 27 4 0 1 34 13 3 3 3 1 10 0 2 25 3 .167 .224 .210 .434
1966 116 340 313 30 71 12 2 1 90 17 9 4 11 0 13 0 3 35 10 .227 .264 .288 .552
1967 115 337 308 25 57 9 1 2 74 20 13 3 9 1 17 0 2 31 10 .185 .232 .240 .473
1968 128 446 411 39 96 19 2 7 140 20 25 18 9 1 25 0 0 66 9 .234 .278 .341 .618
1969 115 362 336 35 63 9 0 1 75 11 19 5 6 1 15 0 4 39 8 .188 .231 .223 .454
1970 100 207 192 12 38 6 1 1 49 11 9 9 4 0 11 1 0 24 5 .198 .241 .255 .497
1971 55 83 72 9 15 1 0 0 16 8 2 0 2 0 8 1 1 7 4 .208 .296 .222 .519
1972 47 63 61 7 9 0 0 0 9 1 3 2 1 0 1 0 0 12 2 .148 .161 .148 .309
1973 73 113 108 8 21 1 2 0 26 7 5 0 2 0 3 1 0 14 1 .194 .216 .241 .457
1974 阪急 62 82 76 12 14 0 0 0 14 3 3 2 3 0 3 0 0 8 1 .184 .215 .184 .399
1975 48 14 14 3 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .143 .143 .143 .286
通算:17年 1389 3002 2776 259 544 88 11 18 708 157 114 62 74 8 131 3 13 361 64 .196 .236 .255 .491
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

  • 通算1000試合出場 1969年10月12日(144人目)

背番号[編集]

  • 36 (1957年 - 1958年) 
  • 6 (1959年 - 1961年、1966年 - 1973年)
  • 4 (1962年 - 1963年)
  • 2 (1964年)
  • 48 (1965年)
  • 57 (1974年)
  • 31 (1975年)
  • 87 (1977年 - 1986年)
  • 77 (1990年 - 1994年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  3. ^ 今津光男氏死去 元プロ野球選手”. 共同通信 (2005年11月7日). 2013年5月24日閲覧。

関連項目[編集]