ベランダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Example.of.complex.text.rendering.svg この項目にはブラーフミー系文字(インド系文字)が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細
ガラス戸が嵌め込まれたベランダ

ベランダ英語: verandaverandah)は、家屋母屋から外接して張り出した部分で、で囲まれることがありや軒下に収まるもの、屋根がかかっているものをいう。

概要[編集]

室内とは窓やドアなどで隔てられており、戸外である。日本家屋にある縁側や下屋もこれに当たる。日本の集合住宅においては、洗濯機を置くための蛇口と排水口を備えさらに物干し竿をかけるなど、洗濯関連の機能が重視されている。

バルコニー等との違い[編集]

2階以上に設けられたものを言うことが多いがや軒がかかっていなければバルコニーという。ガラスが嵌め込まれた屋内環境のベランダも多く存在する。1階部分に設けられたものを一般的にはテラスともいうが庇が覆っていれば本来はベランダである。玄関先であればポーチである。ほかに1階に造られるウッドデッキがある。

語源[編集]

ベランダを表す英語などの外国語表記の「veranda(h)」は、元々はポルトガル語露台を表す「varanda」で、それがインドに渡り、ヒンディー語の「बरामदा」となり、そこから世界に広まったといわれている。[1]

非常時の機能[編集]

ベランダは非常階段と連絡していたり、脱出口や避難ばしご等が設置されていることも多く、火災などの非常時には大きな役割を果たす[2]マンションアパートなどのベランダは、各部屋ごとに珪酸カルシウム板(ケイカル板)やフレキシブル板(フレキ板)などで隔てられていることが多く、火災などの非常時にはこれらの板を突き破って非常階段や脱出口へと避難することになる。

地域における特色[編集]

廈門市中山路の骑楼
中華圏
中国で良くみられるベランダは、騎楼、広東省の潮州人からは五脚砌ビン南語では亭仔跤亭仔腳客家語では店亭下と記述され、一階部分が歩行者用の街道を兼ね、二階以上はそのベランダ部の上にまでせり出す「騎」の形となっている。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ これはオックスフォード英語辞典でのこの語の説明にあるものである。
  2. ^ 消防法施行令第25条