クロイスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イギリスのソールズベリー大聖堂のクロイスター。

クロイスターen:Cloister、ラテン語 claustrum "enclosure"から)は、建物の壁に沿って走り、屋根付きのまたはオープンアーケードタイプの散歩廊下を形成する中庭またはガース、オープンギャラリーです。 大聖堂や教会建物へのクロイスターの取り付けは一般的に温暖な南側に対して[1]であり、通常それが修道院建物の一部であることを示しており、僧侶の世界と農奴や労働者の世界とを切り離しています。 [1]

閉じ込められた (または閉鎖的な )生活もまた僧侶や修道女による修道生活の一面ですが、現代のカトリック教会法の解釈では英語で囲い込みを表すenclosureは閉鎖を意味するためにも使われ[2] 、ラテン語の親単語 "claustrum"の何らかの形がドイツ語のような言語で、修道院の同義語名としてしばしば用いられています。 [3]

歴史[編集]

グロスター大聖堂 、イギリスのクロイスター

歴史的に中世初期のクロイスターにはいくつか前例があり、ペリスタイルのグレコローマン式宮殿であるドムス、初期キリスト教施設に前庭を含めたアトリウムと拡張版バシリカ、早期シリア教会の脇に取り付けた半回廊宮殿などである。 [4]ウォルター・ホーンが早くに示唆しているが、聖Pachomiusによるエジプトに設立された社会coenobiticでは壁などによるコミュニティ分離を必要としなかった、僧侶たちのコミュニティには使用人の農奴がいなかったとして、クロイスターは建設されなかったとみている。ホーンは、いくつかの例外的に初期プロトタイプのクロイスターを見つけている。[5]聖人の修道院など南部シリア五世紀後半の修道院教会、セルギウス・バッカス、Umm-is-Surab(AD 489)および Id-DER修道院の列柱の前庭 [6] などで、同様のものが semieremitic アイルランドの修道クラスターに登場していないroundhousesも初期西ベネディクト[7]などである。

カール大帝の時代には、各所に散らばった邸宅内で生じた使用人やしもべ[8]など別の修道院共同体の存在が、閉鎖されたクロイスター形式の「修道院内の修道院」を創り出した。 Frederich Behnによる発掘調査で明らかにされたように、Hornが初期の例として知られるAbbot Gundelandの ロルシュ修道院 "Altenmünster" (765–74)を申し出て [9]以降ロルシュはヴィラルスティカ後半ローマ時代から脈々と続き、フランク族貴族期から実質的変更なしに適応したが、もう一つの初期クロイスターであるSaint-Riquier修道院 (790 - 99年)も三位一体を意識した形で、四隅に礼拝堂がある三角形の形をしていました。 [10] 修道院の教会の脇腹に置かれた広場回廊が Inden (816)とFontenelleのSt. Wandrille 修道院 (823-33)に建設されました。 フルダでは、 古い聖ペテロ大聖堂の前庭で知られる新ローマ時代のクロイスター(819)が教会建物西側に「ローマ式」 [11]で配置された。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Horn 1973, p. 13.
  2. ^ The Code of Canon Law, Canon 667 ff. English translation copyright 1983 The Canon Law Society Trust Archived copy”. 2006年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年6月17日閲覧。
  3. ^ 比較ドイツのクロスター
  4. ^ 1973年ホーンはこれらの情報源を与えます。
  5. ^ 通常のシリアの修道院計画は開かれたものだった、とHornは観察しています。
  6. ^ 1973年ホーン、計画、イチジク9と10
  7. ^ Horn 1973, pp. 39–40.
  8. ^ ホーンpp 40ff。
  9. ^ ロルシュがアボット・リッチボールド(784-804)によって隣接する敷地に再建されたとき、聖ガルの計画とまったく同じように、回廊は新しい教会の南側の側面に対して完全な正方形になりました(ホルン1973:44、図43ab)。 、45)。
  10. ^ Horn 1973:43と図42ab。
  11. ^ Vita Eigili 、Abbot Eigilの人生。

参考文献[編集]

  • Coomans, Thomas (2018). Life Inside the Cloister. Understanding Monastic Architecture: Tradition, Reformation, Adaptive Reuse. Leuven University Press. ISBN 9789462701434. 
  • Horn, Walter (1973). “On the Origins of the Medieval Cloister”. Gesta 2 (1/2): 13–52. doi:10.2307/766633. JSTOR 766633. 

外部リンク[編集]