靴を脱ぐ習慣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
     靴を脱ぐ地域
     靴を脱がない地域
靴が脱がれた玄関
靴が脱がれた玄関

靴を脱ぐ習慣(くつをぬぐしゅうかん)では、地域により住宅教会お寺学校などでを脱ぐ習慣について述べる。

ヨーロッパ[編集]

ドイツ、オーストリア、北欧[編集]

北ヨーロッパオーストリアでは特にブーツや屋外作業用の靴を履いたままに上がることは一般的に失礼又は不衛生と考えられている。家やアパートの奥まで入らず、短時間の滞在である場合は、例外的に許される。ドレス背広などと共に着用するフォーマルな靴は通常許されるが、一般的にこれらの靴を履いたまま外を歩くことはせず、屋内履きとして鞄に入れて持ち込み、屋外履きを脱いでから履き替える習慣がある。こうした習慣はドイツでも一般的である。ただしこれはババリアを除き、完全には広まっていない。

英国、アイルランド、オランダ、ベルギー[編集]

オランダベルギーでは一般的に屋内で靴を履かない。イギリスではなどの特定の天候下や、特定の床材やカーペットなどが敷かれている状況でない限り、靴を履いたまま屋内に入る伝統がある。しかし常に靴を脱ぐ習慣も徐々に広がっている。アイルランドでは屋内に入るときに靴を脱ぐことは非常に稀で、特に客として訪問するときは脱がない。

南西ヨーロッパ[編集]

イタリアフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州を除く)、フランススペインポルトガルでは靴を履いたまま家に入ることが普通である。ただし、である場合などに限り靴を脱ぐ。

東ヨーロッパ[編集]

東ヨーロッパでは、全てのスラヴ人ロシアウクライナポーランドなど)、ハンガリールーマニアモルドバなど、ほとんどの人々が家で靴を脱ぐほか、公式な会合やイベントでない限り、来客も靴を脱ぐことが望まれる。脱ぐべきかどうか迷った場合は、脱がなくてもよいかどうかを質問して確認することが普通である。自宅においては裸足で歩く人もいればスリッパを履く人もおり、これはカーペットや木など床の材質により左右されることが多いためである。子供は学校で専用の上履きを履くことが、特に冬においては一般的である。一部の人は職場で特に冬に上履きを履く。レストランシアター美術館、教会などでは靴を脱がない。

南東ヨーロッパ(バルカン半島)[編集]

南東ヨーロッパ(旧ユーゴスラビアアルバニアブルガリアギリシャ)では伝統的に家で靴を脱いでスリッパを履き、来客も同様に靴を脱ぐことが望まれる。しかしながらこの伝統は特に都会においてはもはや形骸化している。教会では靴を履くが、モスクでは履かない。

アジア[編集]

日本は屋内で靴を履かない国として世界的に有名であり、レストランや職場、学校などでも靴を履かない場合がある。この習慣は日本のドラマ映画小説漫画などで日常的に見ることができる。

アジア全体では、インドタイ韓国台湾ベトナムフィリピンマレーシアシンガポールインドネシアラオスカンボジアパキスタンミャンマーブータンバングラデシュカザフスタン中国など多くの国々で靴を脱ぐ習慣が見られる。

中国では家に入る際に靴を脱いでスリッパを履くことがある。冬は布製、夏はプラスチックかゴム製のスリッパを履くことがある。

イランとトルコ[編集]

隣国であるイラントルコは靴を脱ぐ伝統が広く普及している。家庭では清潔感が重要視されている。また幼稚園では靴を脱ぐことが一般的であるほか、一部の小さな会社でも稀に靴を脱ぐ習慣がある。

イスラエル[編集]

イスラエルでは一部の人だけが家で靴を脱ぐ。シナゴーグ祈祷英語版中はコーヘン英語版聖職者)が靴を脱ぐ。

インド[編集]

インドでは家で靴を脱ぐ習慣が広まっている。たとえ客であっても家の中で靴を履くことは失礼にあたると考えられている。

ベトナム[編集]

ベトナムではどこの家やアパートであっても中へ入る際に靴を脱ぐ習慣がある。幼稚園や一部の小さな店でも靴を脱ぐことは一般的である。

アラブ社会[編集]

アラブ社会では靴底は汚く不浄なものとされており、屋内で靴を履くことは許されない。

タイ[編集]

タイではほぼすべての家やアパートで靴を脱がなければならず、家に入る前に脱いで玄関の外に靴を置く。また寺院などの建物に入る際にも靴を脱がなければならず、特にウボーソット英語版では必ず脱ぐ。幼稚園や小学校、高校などでも生徒は靴を脱ぐことが求められる。

一方で一部の家や学校ではスリッパの使用が認められるが、スリッパを履いたまま外を歩くことは許されず、また一部のトイレでは清潔を保つために専用のサンダルが準備されており、これに履き替えてからトイレに入る。

アメリカ[編集]

米国[編集]

アメリカ本土では屋内で靴を脱ぐ伝統はないが、ハワイアラスカでは靴を脱ぐ人が多い。また北東部では冬に天候が悪い場合などに靴を脱ぐ人が増えており、西部の州でも各家庭により異なる方針がある。特に靴が濡れたり泥だらけになったりする雨の季節は靴を脱ぐことが多い。また特定の移民は靴を脱ぐ習慣がある。

カナダ[編集]

カナダでは個人の住宅に入る際に靴を脱ぐことが一般的なルールであるが、例外もある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]