ジョン・ロックフェラー2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジョン・ロックフェラー2世
John Rockefeller Jr
John D. Rockefeller Jr. cph.3a03736.jpg
生誕 John Davison Rockefeller Jr.
1874年1月29日
オハイオ州クリーブランド
死没 (1960-05-11) 1960年5月11日(86歳没)
アリゾナ州ツーソン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
民族 フランス系アメリカ人
出身校 ブラウン大学(学士)
職業 資本家慈善家
配偶者 アビー・アルドリッチ・ロックフェラー(1901 - 1948、死別)
マーサ・ベアーズ(1951 - 1960)
子供 アビー・ロックフェラー・モーズ
ジョン・ロックフェラー3世
ネルソン・ロックフェラー
ローレンス・ロックフェラー
ウィンスロップ・ロックフェラー
デイヴィッド・ロックフェラー
ジョン・ロックフェラー
ローラ・スペルマン・ロックフェラー
親戚 ロックフェラー家
受賞 Public Welfare Medal(1943年)


ジョン・ディヴィソン・ロックフェラー・ジュニア(John Davison Rockefeller, Jr. 1874年1月29日 - 1960年5月11日)は、ロックフェラー家の著名なメンバーの一人でありアメリカ合衆国資本家慈善家スタンダード・オイルの創立者であるジョン・ロックフェラーの5番目の子供であり、一人息子。父親である「シニア」と区別するために一般的には「ジュニア」と呼ばれていました。子息にはニューヨーク州知事、41代副大統領を務めたネルソン・ロックフェラーや、アーカンソー州知事のウィンスロップ・ロックフェラー、著名な銀行家であるデイヴィッド・ロックフェラーなどがいます。

略歴[編集]

クリーブランド生まれ[1]ニューヨーク市のブラウニング・スクールに通い、続いてブラウン大学に入学。卒業後は父親の事業を手伝い、また投資家としてもその名を馳せた。世界恐慌の間にロックフェラー・センタービルの建設に資金を提供した。結果としてロックフェラー2世はニューヨークにおける最大の不動産所有者となった。さらにアメリカの銀行であるチェース・ナショナル・バンクが彼の信託投資会社を買収したときその支配的利権を得た。

ロックフェラー2世はその文化事業によって最も記憶される。彼は一族と共にロックフェラー財団ロックフェラー大学を創立した。さらにヴァージニア州コロニアル・ウィリアムズバーグの再建に資金を提供し、ニューヨークの国連本部の建設敷地を寄贈した。

ロックフェラー2世は、自然環境やその保護に特別の興味を示し、アメリカの国立・国定公園のために広大な土地を購入、寄贈した。その中にはグランド・ティートンアカディアグレート・スモーキーヨセミテシェナンドアを含む。

ロックフェラーの会社傘下にあったコロラド燃料製鉄会社でストライキが発生した時、鎮圧部隊が労働者ら30名以上を射殺している。当時の新聞は「虐殺事件」と報じ、社長だったロックフェラー2世を非人道的だと書き立てている。この件でヘレン・ケラーは、ジョン・ロックフェラーを激しく批難している[2]。ロックフェラー二世は、アイビー・リーの助言により、記者会見を開き、その後は労働者と話し合うようになった[3]

息子・娘[編集]

1901年10月9日、ロックフェラー2世はアビー・グリーン・アルドリッチロードアイランド州選出上院議員ネルソン・ウィルマース・アルドリッチの娘)と結婚した。夫妻は5人の息子と一人娘をもうけた。

ネルソンおよびウィンスロップはその後州知事に就任した。ネルソンは第41代アメリカ合衆国副大統領に就任した。

邦訳著書[編集]

  • 資本と労働との協調 ジヨン・デイ・ロツクフエラー 協調会訳、1921 

脚注[編集]

  1. ^ John D. Rockefeller, Jr. ロックフェラー財団
  2. ^ NHKスペシャル『新・映像の世紀第2集 グレートファミリー 新たな支配者』
  3. ^ NTTアドPR誌『目黒発』第1号(2005年11月)
受賞や功績
先代:
ヨーク公爵(後のジョージ6世)
タイム誌の表紙になった人英語版
1925年1月19日
次代:
チャールズ・ビーチャー・ウォーレン