炉床

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

炉床(ろしょう、Hearth)は、の底面にある炉体の構造物。

暖炉[編集]

暖炉の炉床は耐熱下地構造でなければならない[1]を焚く場合、炉床付近は700 - 800℃に達する[1]。炉内材料には耐火煉瓦、砂岩滑石大谷石溶岩、軽石コンクリート、鉄板、鋳鉄などが用いられる[1]。砂岩はよく使われてきた耐熱材だが粘土分が多いものは割れることがある[2]

暖炉の炉床は、薪の燃焼を促進するために薪を炉床から数センチ高い位置に持ち上げるような構造になっている[1]。具体的には、耐火レンガなどで炉床に凹凸をつける方法、鉄などで火格子を付ける方法、装飾を兼ねたファイヤードッグ(firedog, Andiron)と呼ばれる器具を置く方法などがある[1]

日本の住居[編集]

古代[編集]

縄文時代の竪穴住居の炉には、床面を掘りくぼめた地床炉、石で縁取った石囲炉、床に土器を埋めた土器埋設炉などがある[3]

中世以降[編集]

かまどには砂岩系統の石材がよく使われてきた[2]

冶金[編集]

炉床材料[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 奥村昭雄『暖炉づくりハンドブック』建築資料研究社、1991年、48頁。
  2. ^ a b 奥村昭雄『暖炉づくりハンドブック』建築資料研究社、1991年、49頁。
  3. ^ 赤塚遺跡”. 秋田県. 2020年4月26日閲覧。