寝室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
寝室
畳の上に布団を敷いた寝室

寝室(しんしつ)は住宅もしくは住居(じゅうきょ)で睡眠と休息に充てられる部屋のことである。日本では建築基準法居室に分類される。

寝具は、それぞれの文化圏において違いがある。必ずしもベットがある部屋とは限らない。伝統的な日本の家屋に特有のを敷き詰めた部屋、和室(わしつ)の場合ベッドの代わりにの上に敷布団と掛け布団を敷き睡眠時に寝室としての用途を整えることもある。また夫婦が性的なコミュニケーションを営む寝室のことを閨房(けいぼう)と呼ばれることもある。

歴史上最も有名な寝室では、オデュッセウスが作った寝室だろう。これは、婚礼に際して、オリーブの大樹を切倒し、その切り株をくり貫きベットにした。それを中心に住まいが作られた。

寝室が室内でありながら相反して野外にハンモックを掛けて寝る場合もある。通年、降雨の無い温暖な地方に寝室天井部の無い住空もあり清らかな夜空を目にしながらゆっくりと睡眠にいたることが出来る。大変に優雅で長寿な民族の存在は見逃せない。

寝室の広さは、ダブルベッドを置く場合最低でも4.5帖は必要。

無意識や文化的背景に影響される就寝行動と寝室の在り方を、就寝形態という観点で文化人類学、教育社会学的に比較検証する研究もある。

関連項目[編集]