寝部屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

寝部屋(ねべや)とは日本の伝統的村落共同体青年男女が自家を離れて起臥する合同寝室を指す語。寝宿とも呼ばれる[1]

概要[編集]

「寝部屋」という語は一般に民家の寝室を指すが、若者組娘組等の組織を持つ日本の村落共同体では、これらの組織に所属する青年男女が自家を離れ仲間同士で、一定の規制のもと集団的訓練を受ける合同の寝室を持つ場合があり、これを「寝部屋」と称する[1]。こうした寝部屋は漁村に特に多く見られた[1]。寝部屋は独立した建物の場合と、村内の有力者等の家屋の一室を借りる場合とがある[1]。特に青年男子はここで若者頭の統率下に村落共同体において成人男子として認められるための肉体的・精神的訓練を受けた[1]。また、婚前交渉を含む婚姻の媒介機関としての機能も有した[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 藤岡謙二郎、山崎謹哉、足利健亮『日本歴史用語地名辞典 新装版』柏書房、1991年1月、p431。

参考文献[編集]

  • 平山和彦『青年集団史研究序説』新泉社、1978年

関連項目[編集]