エクステリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

エクステリア: exterior)とは、本来は住居外観外壁を意味するが、一般に門扉外柵車庫など屋外構造物のほか、とそこに設置されるウッドデッキトレリスパーゴラ植栽、その他の設備なども含め敷地内の外部空間全体をさす場合が多い。インテリア対義語[1]

住宅の庭も含めた敷地全体を外構ともいう[1]

概要[編集]

日本では古来より、庭園造りという伝統があり造園業が存在したが、近代にいたり特に都市部では住宅を取り巻く環境車社会の到来や住宅の欧米化なども含めて大きく変化したため、従来の庭造りの概念だけでは解決できず、門、塀、車庫、アプローチなどがより建築やそれを取り巻く街並みとの兼ね合いで住環境を捉える必要から、エクステリアという新たな概念が生まれた。また、それを専門に設計施工する専門家や施工業者が増加した。しかし、エクステリアという言葉の概念があいまいであったため、設計施工に関しても確かな拠り所がない時期があった。その間にエクステリアを取り巻く環境は大きく変化し、『景観条例』、『街作り条例』施行などで、環境整備、町並み保全、緑化などが全国の自治体によって進められたことなどから、それらに配慮したエクステリアのあり方や技術技能の向上がより重要性が増してきた[2]

近年ではさらにエクステリアの新しい利用方法として、国内外で居間同様に生活空間として利用できるスペース利用法としてのアウトドアリビングという概念も生まれ、さらにエクステリアの概念が多様化している[3][4][5][6]

日本エクステリア学会[編集]

日本では関連学会として、一般社団法人日本エクステリア学会がある[2]

日本エクステリア学会は2009年に、エクステリアの技術者として要求される知識と技術向上を図るとともにエクステリアに対する信頼性を高め、快適で豊かな住環境の向上に寄与する事を目的として設立された「エクステリア品質向上委員会」を前身とし、「会員相互の協力により、エクステリアに関する学術・技術の進捗発展を図り、社会に貢献する事を目的」に、エクステリアの調査と研究、会誌・論文の発行と活用、文献・資料の収集と活用、技術教育の振興と研修成果の普及、啓蒙などを主な事業としている[2]

これまでに『エクステリア製図規格』(エクステリア品質向上委員会著, 発行:社団法人日本建築ブロック・エクステリア工事業協会 社団法人全国建築コンクリートブロック工業会) 『エクステリア施工規準と標準図及び積算 塀編』 を刊行している。

敷地まわりのエクステリア[編集]

外構は敷地まわりの構造物をおもに示すが、エクステリアは草木地など前庭等も含めて述べられる。

外構は敷地まわりの構造物をおもに示すが、エクステリアは草木地など前庭等も含めて述べられる。 関連する資格として、日本の造園に関する資格一覧にある資格の他、東京商工会議所主催 福祉住環境コーディネーター検定試験 などがある。 基幹技能者の例では、建築ブロック・エクステリア基幹技能者 がある。 関連団体として、日本アルミニウム協会全国技能士会連合会に所属する日本エクステリア工業会 などがある。 なお、網戸など建材製品などもエクステリア製品と呼ばれることがある。

エクステリアの要素[編集]

乗り物のエクステリア例[編集]

デザイン用語、用法として エクステリアデザイン (Exterior Design) がある。 日刊自動車新聞用品大賞では、「機能・エクステリア部門賞」を設置し、オートカラーデザイナーズ賞では、エクステリアカラー部門を設置している。

脚注[編集]

  1. ^ a b https://kotobank.jp/word/%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%A2-187427#E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.9E.97.20.E7.AC.AC.E4.B8.89.E7.89.88 コトバンク - エクステリア]
  2. ^ a b c http://es-j.net/mces/index/00001 一般社団法人日本エクステリア学会 - エクステリアの概況]
  3. ^ アウトドアリビング weblio辞書
  4. ^ 話題の「アウトドアリビング」。ハウスメーカーが提案する新たな可能性 SUUMOジャーナル 2017年8月18日
  5. ^ アウトドアリビング、8つのポイント リフォーム産業新聞
  6. ^ アウトドアリビング コトバンク

関連項目[編集]