ダイニングキッチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ダイニングキッチン(dining kitchen)は、台所(kitchen)と食堂(dining room)の機能を1室に併存させた部屋のことで、和製英語である。略称は「DK」。

概要[編集]

1951年建設省が定める「公営住宅標準設計」の規格51C型において、台所を広めに作って食事室と兼用とし、居室2つ(6畳、4畳半)を配する間取りが確立された。

規格51C型は西山卯三の住宅研究の成果に基づくもので、人間らしい暮らしのため食事の場所と寝る場所は分けるべきであり(食寝分離)、またプライバシーの観点から夫婦と子どもの寝室は分けるべきである(就寝分離)、という2つの原則によっていた[1]。食事室兼用の台所(後にダイニングキッチン)を設けることで、寝室とは明確に区別された食事の場所を確保したのである。

ダイニングキッチンを持つDK型の間取りは、1955年に設立された日本住宅公団の標準設計(2DK55型)にも採用された[2]。従来の一般の庶民住宅では、畳敷きの茶の間ちゃぶ台を囲んで家族が食事をしていた。それに比べ、テーブル式の団地のダイニングキッチンはモダンな生活の象徴と受け止められた。実際には調理のスペースと食事のスペースを兼用とし、住宅の面積を節約するための苦肉の策でもあった。

DK型の間取りは公団住宅をはじめ、民間のマンション、戸建て住宅などにも採用されるようになり、広く一般に普及した。

さらに生活水準の向上とともに、ダイニングキッチンよりもゆとりのある広さの部屋として、リビング・ダイニング・キッチン(略称「LDK」)が作られるようになった。居間・台所・食堂の機能を1室に併存させた部屋である。

間取りの単位[編集]

ダイニングキッチンの略称である「DK」は、住宅(住戸)の間取りを表す際の単位として(日本で)一般的に使われている。「LDK」「K」も同様である。

  • 例:2DK=DKに加えて2つの居室、2LDK=LDKに加えて2つの居室、2K=台所(kitchen)に加えて2つの居室、をそれぞれ示す。

不動産取引における表示[編集]

不動産業界では「不動産の表示に関する公正競争規約」(公正取引委員会告示)に則った用語を使わなければならない。

ダイニング・キッチンは同規約第18条1項3号により「台所と食堂の機能が1室に併存している部屋をいい、住宅(マンションにあっては、住戸。次号において同じ。)の居室(寝室)数に応じ、その用途に従って使用するために必要な広さ、形状及び機能を有するもの」と定義されている。

リビング・ダイニング・キッチンについては、同規約18条1項4号により「居間と台所と食堂の機能が1室に併存する部屋をいい、住宅の居室(寝室)数に応じ、その用途に従って使用するために必要な広さ、形状及び機能を有するもの」と定義されている。

なお、従来は広さに関する明確な定義がなかったが、不動産公正取引協議会連合会では、2011年11月11日に次のように指導基準(最低限の目安)を定めた[3]

居室(寝室)数 DK LDK
1室 4.5畳 8畳
2室以上 6畳以上 10畳以上

注釈[編集]

  1. ^ 高田光雄「日本における集合住宅計画の変遷」P41-42
  2. ^ 集合住宅誕生物語[1]
  3. ^ 公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会

関連項目[編集]