スターハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
常盤平団地のスターハウス
階段室

スターハウス(Star House)は、集合住宅における住棟の形態の一つであるポイントハウスのうち、Y字型の平面形状を有するものである。一般的に1フロア3住戸である。別称は星型住宅[1]

歴史[編集]

初の建設[編集]

公営住宅の標準設計作成の委託を受けた市浦健が公営住宅標準設計54C-Ⅱ型として考案し、茨城県水戸市の茨城県営釜神町アパートで初めて建設された[2]。これ以降、全国各地の公営住宅にとどまらず、公団住宅日本電信電話公社職員寮でも数多く採用されていった。

公団住宅への導入と建設の終息[編集]

数多くのスターハウスを建設した日本住宅公団は、公団住宅第1号である1956年昭和31年)竣工の金岡団地での導入を皮切りに、多数の団地にスターハウスを建設した。しかし、昭和30年代(1955年-)中頃から、板状住棟に比べ1戸あたりの建設費が高額であることや、住宅用地の不足による量的要求が増したことにより、1964年(昭和39年)12月竣工の名和団地のスターハウスをもって、日本住宅公団による中層スターハウスの建設が終了した。

その後[編集]

公団住宅のスターハウスは、1986年(昭和61年)に始まった団地建替事業により大半が除却された。また、日本電信電話公社職員寮として建設されたスターハウスについても、平成時代に始まった社宅の整理・合理化によりほとんどが除却された。公営住宅のスターハウスも老朽化等の理由で全国的に除却が進んでいる。

保存が決定したスターハウス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
注釈
出典

関連項目[編集]

外部リンク[編集]