社宅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

社宅(しゃたく)とは、従業員福利厚生の一環として、会社が用意した住宅のことである。

日本企業の社宅制度[編集]

社有地に設置したり、賃貸マンションアパートを借り上げて借り上げ社宅とする場合もある。

地方自治体国家機関の職員に対するものは、会社ではないので、公務員住宅・官舎(法律用語としては「宿舎」)などと呼ぶが、公営企業では寮と称する場合もある。

個人生活を重視し集団生活を嫌うなど従業員の考え方が多様化し、福利厚生費の見直しなどで、社宅制度を廃止する企業も増えている。

米国企業の社宅制度[編集]

米国企業では福利厚生に社宅制度を設けることはあまり一般的ではない。社員がどこに居住するかは個人のプライバシーにかかわる問題であり会社が介入すべきではないとの理由がある[1]

脚注[編集]

  1. ^ 八城政基『日本の経営アメリカの経営』日本経済新聞社、2000年、4頁

外部リンク[編集]

関連項目[編集]