高島炭鉱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高島炭鉱(たかしまたんこう)は長崎県長崎市高島(旧西彼杵郡高島町)にあった日本炭鉱。日本最古の大手資本による採鉱で栄えたが、1986年(昭和61年)11月27日をもって閉山された。端島炭鉱とともに、「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」(全23資産)の構成資産として世界遺産リストに登録されている。

歴史[編集]

1975年の高島。島の南側に炭鉱関連施設が集まる。炭鉱住宅が立ち並び、高層住宅も林立していた。国土交通省「国土画像情報(カラー空中写真)」(配布元:国土地理院地図・空中写真閲覧サービス)による。

高島炭鉱の歴史は、1695年元禄8年)に平戸藩松浦郡江迎五平太石炭を発見したことが始まりとされ、その後幕末に佐賀藩トーマス・グラバーが共同出資で採掘を始める。明治に入り佐賀藩から後藤象二郎が買い上げ操業を開始し、英国人鉱山技師エラスムス・ガウワーが近代化を試みるがうまくいかず、同じ土佐藩出身の岩崎弥太郎率いる三菱財閥に権益を譲り、本格的に採掘が開始される。以来近郊の伊王島端島の炭鉱とともに西彼杵炭田の一角として1世紀以上にわたって日本のエネルギー経済を支え続けた。その後1966年(昭和41年)に採掘量のピークを迎えるが、石炭から石油へのエネルギー転換のあおりを受け採掘が減少、1985年の粉塵爆発事故という追い討ちもあり、1986年をもって閉山した。

閉山前から高島町の人口は減少を続け、一時は面積・人口ともに全国最小を記録した。その後2005年平成17年)1月4日平成の大合併により高島町が長崎市に合併され消滅。現在、高島では炭鉱施設を活かした町おこしを模索中である。

高島炭鉱事件[編集]

明治のはじめに起こった日本初の労働争議事件。高島炭鉱の労働力は囚人などの下層所得者を集めて働かせ、しかもその実態はタコ部屋などの封建的・非人道的な制度[1]に支配され、一日12時間労働という過酷な労働条件、低賃金、重労働にもかかわらずほとんど手作業[2]、「死んでも代わりはすぐ見つかる」といった認識[3]がまかり通るなど問題だらけであった。そしてついに100人以上が参加した暴動になり、このことが三宅雪嶺らが創刊した雑誌「日本人」に掲載された[4]

脚注[編集]

  1. ^ 小頭・人繰りなどが採掘場を監督した。少しでも怠ける者がいると彼らは棍棒で殴った。彼らにさからう者は、見せしめに両手を後ろへ縛り、梁に逆さ吊りにして殴った。また、脱島しようとした者は私刑にされた。郷里に手紙を出すことすら許されなかった。
  2. ^ 採掘場は坑内4-8kmのところにあり、狭い通路に身をかがめ、つるはし、地雷、火棒などで採掘し、これを竹かごに盛り、重さ56-75kgのものを、這うようにして担ぎ鉄道まで運んだ。
  3. ^ 1884年夏、この島にコレラが流行ったときは3000いた坑夫の約半数が死んだ。罹患者は海岸で焼却処分されたという。求人は他社を装って行い、汽船で拉致した。
  4. ^ ソース「日本人」を紹介する文献として。小島恒久『日本の労働運動 : 激動の100年史』河出書房新社 1987年

外部リンク[編集]

関連項目[編集]