ジードルング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジードルング(Siedlung)とは、ドイツ語集落のこと。また、ヴァイマル共和国時代にドイツで建設された集合住宅を指す言葉としても有名。

19世紀後半から人口密度の集中、スラムの発生など都市問題が深刻となり、イギリス田園都市構想にも刺激を受け、1920年代にドイツ各地で集合住宅が建設された。これらの計画にはバウハウスなどのモダニズム建築家たちが多く参加し、建築史上は近代建築運動の実践としても評価される。

グロピウス設計によるジードルング(ベルリンハンザ地区英語版

1927年ドイツ工作連盟の主催によりシュトゥットガルト郊外ヴァイセンホーフドイツ語版で住宅展が開催され、ペーター・ベーレンスヴァルター・グロピウスル・コルビュジエブルーノ・タウトミース・ファン・デル・ローエらが参加し、様々な実験住宅を建設した(ヴァイセンホーフ・ジードルング)。

日本同潤会アパート公団住宅にも影響を与えた。

2008年にはベルリンの一部がベルリンのモダニズム集合住宅群として世界遺産として登録された。

ジードルングの計画地[編集]

など

関連項目[編集]