ヴァイセンホーフ・ジードルング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヴァイセンホーフ・ジードルング(Weißenhofsiedlung)は1927年、ドイツ工作連盟主催の住宅展覧会で、シュトゥットガルト郊外ヴァイセンホーフの丘に建設された実験住宅群である。ドイツを中心に17人の建築家が参加し、モダニズム建築の実践の場となった。

ミース・ファン・デル・ローエが全体計画を立て、ミース、ル・コルビュジエグロピウスアウトシャロウンらの設計による住宅が建設された。

参加した建築家[編集]

ル・コルビュジエの住宅
第2次世界大戦によりタウトらの住宅が破壊された。○を付した建築家の作品は現存している。

オーストリア工作連盟展[編集]

直接の影響として、1932年、ウィーン郊外(13区)で開催された住宅展が挙げられる(Werkbundsiedlung Wien)。オーストリア工作連盟の主催で、ヨーゼフ・フランク(ヴァイセンホーフの住宅展に参加)が全体のプランを立てた。ホフマンロースらのほか、国外からリートフェルトノイトラマルガレーテ・シュッテ=リホツキー英語版らが参加した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 公式サイト[1]