放浪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

放浪(ほうろう)は、さすらうこと、あてもなくさまよい歩くことを指す語である[1][2]さすらい流浪(るろう)、彷徨(ほうこう)とも。英語では wandering .

概要[編集]

古来より遊牧民生活のために放浪を繰り返してきた歴史がある。単に生活のためではなく、人生の意味を求めて放浪をする場合もあり、若者に特にそうした傾向が見られる。また特に何らかの意図を持たずに放浪を繰り返すものも多く、放浪の体験やそこから得た印象を元に文学絵画をはじめその他芸術昇華したものも多い。

西洋では、とくに英語ではローム( roam )、ノーマッド( nomad )、バガボンド( vagabond )、ストレンジャー( stranger )、ストロール( stroll )、ドリフター( drifter )などの表現がありそれぞれニュアンスは異なる[要出典]。例えばロームとは、なんのあてもないまま歩き回るという意味であり、ノーマッドは牧歌的放浪、ストロールとは、散歩などの場合に使用されぶらつくというような意味合いが強い[要出典]。ドリフター、バガボンドなどはそれぞれ漂泊者、来訪者・異邦人の意味で使われる。

放浪をした有名人[編集]

日本[編集]


フランス[編集]

イタリア[編集]

シンガポール[編集]

作品[編集]

「放浪」を主題にした作品のおもな一覧である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 放浪デジタル大辞泉コトバンク、2012年9月20日閲覧。
  2. ^ 放浪大辞林 第三版、コトバンク、2012年9月20日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]