彷徨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
彷徨
小椋佳スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ニューミュージック
レーベル ポリドール
プロデュース 多賀英典
チャート最高順位
小椋佳 アルバム 年表

1971年
彷徨
(1972年)
帰っちゃおうかな
(1972年)
『彷徨』収録のシングル
テンプレートを表示

彷徨』(さまよい)は、全14曲からなる小椋佳の3枚目のオリジナルアルバムである。1972年3月1日ポリドールから発売された。

概要[編集]

232週間にわたってBEST100入りし、ビートルズの『レット・イット・ビー』、『アビイ・ロード』に次ぐオリコンLPチャート史上歴代3位のロング・セラーとなった。発売元のポリドール発表によると、発売から5年間で100万枚を超える大ヒットとなっている。

本作は、黒版(黒レコード)の生産総合計第2位である(第1位は井上陽水の『氷の世界』)。どちらも多賀英典プロデューサーによる。

リリース[編集]

収録曲[編集]

作詞・作曲はすべて小椋佳。

SIDE A
  1. しおさいの詩
  2. 春の風はやさしいはずなのに
  3. 雨が降り時が流れて
  4. 木戸をあけて-家出する少年がその母親に捧げる歌-
  5. 小さな街のプラタナス
  6. 六月の雨
  7. この汽車は
SIDE B
  1. 白い浜辺に
  2. あの人がいってしまう
  3. 少しは私に愛を下さい
  4. あいつが死んだ
  5. 屋根のない車
  6. この空の青さは
  7. さらば青春(編曲:小野崎孝輔