山田喜代春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山田 喜代春(やまだ きよはる、1948年 - )は、詩人版画家。京都府生まれ。元KBS京都放送番組審議委員。立命館大学文学部日本文学科中退。1971年からヨーロッパ放浪し、1980年より詩作入りの版画を製作しはじめる。国際的な評価も高く、フィンランドメキシコでも作品を出展している。

主な出版物[編集]

  • 「ぼくはコペルニクスだ」(亀山社中)
  • 「けんけん」(アスカ)
  • 「すきすきずきずき」(東方出版)
  • 「ぼくは大学一年生」(東方出版)
  • 「絵日記 万歩のおつかい」(わい・アート)