ポイントハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボックス型
スター型

ポイントハウスとは、住宅団地において景観にアクセントをつけるために配置される住棟のことである。

概要[編集]

住宅団地において、住棟を配置していくに当たって直方体の形状をしたフラット型住棟を配置していくだけでは景観が単調になってしまうと考えられたことがあった。そのため、景観にアクセントをつくりだし、景観が単調になるのを防ぐ効果をねらってフラット型住棟とは異なる形状の住棟が建設された。これがポイントハウスである。日本住宅公団による住宅団地を主に、日本電信電話公社の社宅や公営住宅においても積極的に導入された。

また、日本住宅公団においては、昭和30年代初期の頃はスターハウスがその主流であったが、昭和30年代後期から昭和40年代(1970年代)にかけての時期にスターハウスはほとんど建てられなくなり、それに替わるようにして四角い形状のボックス型ポイントハウスが建てられるようになった。

また、団地によってはL字型のポイントハウスや、T字型のポイントハウスもある。

関連項目[編集]